2014年06月02日

ミュージカル薄桜鬼 風間千景篇

もう私が観てから1週間以上経ってしまいましたが昨日千秋楽を迎えたミュージカル薄桜鬼 風間千景篇の感想を。

斎藤篇から始まり、沖田篇、土方篇、そしてライブと薄ミュとしては5度目のステージ。
土方篇の時にライブの発表があって「あ、これでちょっとお休みなのかな」と思ったらライブでの次回作5月の発表(この時はまだ風間篇とは言ってなかった。シルエットはちーさまだったけど)。
割と早いスパンで進んでるよね。2年で4篇と番外篇だものね。

さあ以下は感想です。
私は東京公演初日の5/23ソワレを観ました。

ゲーム内容本編のネタバレ、アニメのネタバレもしていますのでこれから薄桜鬼をやろうと思っている方、アニメを見ようとしている方、
DVDを買って初めて見たい方、などなどご注意くださいませ。
何様目線です。あしからず。




続きを読む
タグ:観劇 薄桜鬼
posted by あむか at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

昨日のこと

昨日はまたバルト9に行きましてバルトる映画祭の「MACBETH」を見てきました。
二年前、舞台で上演された時も観に行きました。
もうすぐで二年ですって。早いねえ。
すなわち私が矢崎くんに転んでからももうすぐ二年ということになります。
大江戸鍋(2011年末)で気になり始め、薄ミュ(2012年4月終わり)で「副長が矢崎くんだわーい!」と喜び、そしてマクベス主演だって言うから観に行って(2012年8月)マクベスの後の赤レンガホトトギスライブ(2012年10月)で完全に転がったという道のり。

二年前観劇した時ではわからなかったことが今回少し見えた気がしました。
二年前のマクベスは青くて熱くて若くてね。
よく「あれで鍛えられた」という話をインタビューなどで聞いてはいましたが、その後マクベスを見る機会がなかったので今回見てなるほどなと。
昨日の舞台挨拶で「あの舞台をやってから『ほかの若手役者は敵』みたいな少しガツガツした気持ちが落ちてしまったんです」「マクベスでそこまでの矢崎広は死んだんです」とおっしゃってましたけども、それがマクベスきっかけだとしたら主に私はそれ以降の彼をみているのでなんとなくわかる気がしました。
少し穏やかになってきたものね。落ち着きが出てきたんでしょうな。
10年やってきて経験を積んでいろんなものが見えるようになってきて、それとともに年を重ねて。
演出家の板垣さんとのトークや質疑応答に答える姿でそれを感じ、そして最後の「トゥモロースピーチ」で、直前で見た「マクベス」内の同じセリフであるけど発する言葉にいろんな想いが乗っているのを感じ、それが伝わってきてなんだかとても感動しました。
前日にるフェアDVDの特典も見ていたからそれも私の気持ちに上乗せになったとは思いますが。
これからも応援したいなあと思いました。

いい上映会だったなあ。
トークショーもいつもみたく同世代の俳優が相手じゃなくて板垣さんと二人だったから真面目な落ち着いた話が聞けたんだよなあと。
同世代とのトークも楽しくて好きだけど、たまにはこう役者たる話が聞けるのもいいですね。


昨日で私のバルトる映画祭はおしまい。
ゲ○シネの二番煎じ的なもの?と思ったこともあったけど、トークショーや生オーディオコメンタリーとか一緒に見る、とかあってなかなかうれしい上映会だったなと思います。
今回上映されなかったものとかもあるので次もあると思っててもいいのかしら。
というか「どりじゃん」が見たいんですがね・・・なんかいろいろくそぅ・・・

そして明日は薄ミュです。矢崎くんをまた観てきます。
タグ:イベント
posted by あむか at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

MeeT Cafeからのバルトる・映画祭

昨日はいつもの先輩と新宿で9:15に待ち合わせ。
早い、早いよ。仕事に出るのと変わらなかったよ。
なぜそんなに早く出たかと申しますと、新宿の映画館バルト9で昨日から映像・舞台制作会社る・ひまわりの公演作品を上映するイベント「バルトる・映画祭」というのが始まりまして、それに合わせて映画館にあるカフェが俳優の三上真史さんと滝口幸宏さんプロデュースの限定オープンとなるということでそれのオープニングセレモニーを見るために早くの待ち合わせとなりました。
正直、私三上くんも滝口くんも「鍋や鍋舞台(るひま舞台)に出る矢崎くんの俳優仲間」なくくりでして、もちろん応援してるしテレビとかに出てればなんとなくチェックしたりするくらいではありますが、とくにイベントに行ったりするほどの熱烈ファンでもなく見れなくてもそんなに、なのですが、なにせ先輩が滝口くん好きでしてね。
「あむかちゃん、オープニングセレモニーに行きたい。一緒に行こうよ」と言われてしまいましてね。
先輩には日頃お世話になってるし、私が矢崎くんの舞台に行く時も「私もいきたい」と一緒に観たりしてるからじゃあたまには私も滝口くんイベントに付き合おうということで一緒に行くことにしました。
でもよくよく考えると私かなり滝口くん出演イベントおつきあいしていってるのよね(笑)
モテ福だって埼玉まで行ったし、もっとさかのぼれば戦国男士のイベントも行ったし、上映会も滝口くん出てたし(あれは上映された舞台の主演が矢崎くんだったからまあいいとしても)
今年入ってから矢崎くんは結構見れてますがその次に好きな村井くんよりも滝口くんを見てる回数の方が多いっていうなんとも不思議(笑)
まあそんなことはさておき、とりあえず行くことにしたので早起きして待ち合わせに向かって合流。
そしたら先輩に謝られる私。
「ごめんよー、たのまれて買っておいた舞台DVD忘れてきちゃった・・・」とのこと。
先輩がゴールデンウィーク中に観に行った舞台で年末の明治座のる・ひまわりの公演「る・フェア」のDVDが発売になったのです。それで「買っておいてあげるよ」と言われたのでお願いしていたのですが忘れたと。
うん、なんかそんな予感はうっすらしてたんだ・・・
私がっくり。頼んでおいて申し訳ないとは思いつつもとても楽しみにしていたので、しかも次に先輩と会えるのがいつになるかわからないから思わず表に出してしまいました。
そしたら「オープニングセレモニーが終わってから一旦取りに帰る」とのこと。「今日長いし」と。
確かにオープニングセレモニーは10時から10時半までで私たちがみる映画祭の上映は19時から。
確かに時間はあるさ。
でもそうなるとなんだか悪いし、なんか待ってるのもアレだし、その意を伝えると「いや、取りに帰る」とのこと。
まあ、とりあえずは映画館に行こうね、とバルト9へ向かうことに。
三上くんと滝口くんの人気がどんなもんだか把握できてない我々なので行ってみてものすごい人だったらどうしようね、とか言ってたんだけど、よかった、戦国男士のイベントくらいでした(わからないよね)
カフェからセレモニーを見ることになったのですが3列目くらいから見れました。
セレモニーを見てそのままカフェの入場列に並び待機。
その間カフェ内で三上くんと滝口くんの撮影や取材が行われていましたが私たちの位置からはほとんど見えず、たまに声が聞こえるくらい。
でもまあ、入場列のわりと前の方に並べてたのでこのまま待ちましょうと並んでおりました。
そしたらまたお二人登場で「カフェ、オープンです」と開店。
で、そのまま入り口付近に二人共いるの。
入り口付近にテレビモニターがあってそこに今までの舞台に登場したユニットのPVが流れたりしてるのだけどその横にいて喋ってたりするんですよ。
待機列から1メートルくらいのとこで喋ってて超近いの。
「見れない・・・かっこよすぎて好きすぎて見れない・・・」と伏し目がちになる先輩。
逆にガン見な私。たっきーも三上くんもイケメン。そして三上くん近くで見ると結構細い。
二人ともほぼ徹夜に近い状態だというのににこやかに対応しててね。
ちょっと三上くんとファンとのやりとりとかがあって、それをみて「ああ、この子いいこだ・・・そして芸能人って大変」と思いました。

長くなりそうなのでここからは隠しますよ。
この下にカフェの内装ちらりとメニューの写真を載せるので
これから行く方、楽しみにしておきたい方はスルーでどうぞ。


続きを読む
タグ:イベント
posted by あむか at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

連休3日目の話

昨日は母と一緒に出かけてきました。
3〜5日まで有楽町の国際フォーラム周りで行われている「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン」に行ってきました。
チケットを取った公演は夜だったのでそれまでの時間つぶしにまず行ったのが
140505_~01.jpg
三菱一号館美術館での「ザ・ビューティフル」展。
今の時期、個人的に興味深い美術展がやっていなくて、じゃあ近くだしまあ見てもいいか(失礼)くらいだったのがこちら。
一号館美術館は建物や雰囲気が好きなんですがなかなか自分好みの美術展が開催されることが少なくて、久々にきましたわ。
中庭のワインバーには1年半くらい前に来たことあったけど。
ゴールデンウィーク中の美術館にしては空いていたと思います。去年のミュシャ展とかひどかったもんね。
展示されてるものもまあまあまあまあといった感じで時間つぶし程度ならと。
本当はここのカフェに入りたかったのですがいつも混んでてね。なので今回も断念しました。次こそは。

その中庭にあたるところでも「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン」のプログラムが行われていて、美術館のチケットを買う列に並んでた時には弦楽四重奏(たぶん)がやっていて、美術館から出てきたらサックスの四重奏(たぶん)が演奏してました。
丸ビルに移動したらそこでも次公演の弦楽のアンサンブルのリハーサルをやっていて。
ラ・フォルは無料でも聴けるコンサートが有楽町丸の内エリアのいろんなところでやっているのですよ。
クラシックに街があふれる3日間。すてき。

去年はフランスの作曲家の作品を演奏するのが主だった祭典だったのですが、今回は日本開催10周年てことでポピュラーな作曲家10人の作品が主題。
なので去年よりは聴きたいのがあったんだけど「この人のこれじゃなくてあれが聴きたいのに」みたいなのが私は結構あって、母と相談した結果2公演だけにしました。

1つはガーシュウィンの曲のコンサート。
私はヨーロッパ産の古典のクラシックが好きなので割と近代な作曲家でしかもアメリカ産なガーシュウィンは昔は好みではなかったのですが、最近ちょっと変わってきましてね。
「ラプソディーインブルー」を聴けるのなら、と取ったのがこの公演でした。
小曽根真さんアレンジのビッグバンド形式での演奏ということでオケではなかったんですけどね。
あんまりジャズが得意でないのですが、この曲は元がそんな感じな曲調ですからね。特に気になることもなく。とてもよかったです。
チケット取ろうと思って気づいた時には売り切れていたんですが、追加席発売でゲットできました。そのあとすぐ売り切れていたみたいだから取れて良かったです。

2つ目はラヴェルの「ピアノ協奏曲」と「ボレロ」とあと数曲。
これは単純に「ボレロ」が聴きたかった。
中学高校と吹奏楽部でほとんどスネア叩きだった私。なのでなんとなくこの曲のスネアは憧れます。
「ボレロ」のスネアの重要さと主役のような脇役のような位置とか、最後にはわー!っと終わるのが(最後のバスドラも素敵と思う)いいなあと。
作曲の意図とはきっと違うんだと思うんだけど、私の中では「音階がなくても負けないぜ。音階のある楽器にだって簡単に歌わせてやらんぜ」な曲(笑)
バレエの音楽なので以前テレビで前衛的なバレリーナがボレロに合わせて踊っていたのを見たことがあるのですが、いつか普通のバレエで観聴きできたらなあ。
でも今回生でオケで聴けてうれしかったです。よかったわー。

この公演では世界的カスタネットプレイヤーのルセロ・テナさんという方の演奏も聴けました。
すごかった。どんな指をしてるのかしら。
でも指っていうか全身で演奏されてたよね。とても盛り上がりました。
拍手がやまなくて何度も何度も出てきてくださいました。ラ・フォルの発起人の方を連れてこられてのカーテンコールも。
すごかったなあ。

このコンサートを1週早い母の日プレゼントとしたのですが、母も喜んでくれたようでよかったです。
「ボレロは寝ちゃうんじゃないか心配」とか言ってたけどそんなこともなく(笑)よかったよかった。

国際フォーラム敷地内に屋台村が出来てて公演と公演の合間に腹ごしらえをしたり。
昨日の夜食。屋台村なのだけど食べたかったのは前日のラインナップだったので仕方なくタコライスに
外でビールが美味しい季節となってまいりました。
屋台村も日替わりだったみたいでアジアンな屋台が3日目にはなかったのが残念でした(正確には一軒あったんだけど私が求めてるものではなかった)

そんなわけで去年に引き続きアートな一日が過ごせた連休3日目でした。
来年はメインな作曲家、誰かなー。

posted by あむか at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

先週観た芝居の感想

ゲームしたいんだけどなかなかじっくりできないよーん。

てことで先週の金曜に観に行った舞台「逆転裁判〜逆転のスポットライト〜」の感想を。

前回公演があった時、観劇された方の感想や評判がよかったことから「再演」のニュースを聞いて気にはなってたのです。
でもなかなか踏ん切りも付かずにいたら公演直前。
今回も観れないかあーなんて思ってたら某サイトで安売りチケットが出ててこれでまた「どうしよう」と悩みまして。
で、公演始まって観に行かれたフォロワーさんがおもしろかったとつぶやかれてたので「よーし、行こう!」となり夜中に次の日の公演のチケットをポチったのでした。

草月ホールは草刈民代さんと我らが安田顕さんの舞台「宮城野」以来でした。
そんなに広い劇場じゃないからどこでもみえるよねと思ってたら後ろから2列目。
でも全然問題なし。
通路側だったので何度かキャストが通ったよ。

ただ気になったのは斜め前の人がハットかぶってたのね。
私の位置からはそんなに邪魔にはならなかったけどなんで帽子かぶったままでみれるかね。


そんなわけで感想などを。
続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

一週間前に観た芝居の感想

昨日はSSLの平助ルートをやっと終えたよ。
噂には聞いていたけどミニゲームが腹立つ。
「ムカつくー!」と言いながらやっていました。
なんとかクリアしたけども。今後は2周目の特権を使おうと思います。

さてさて感想を書いていなかった先週観たミュージカル「サ・ビ・タ〜雨が運んだ愛〜」の感想を。
ネタバレると思うのでこれから観るという方はスルーで。
また興味なしな方もスルーで。

このミュージカルは一部ダブルキャストだったのですが、私が観に行ったのはもちろん矢崎くんが出る「チームY」の方を。

続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

映画を見てきた

はい、今週も終わりますね。
今週は仕事が暇で時間を潰すのに大変でした。これ下手したら来週水曜くらいまで暇だよ。
毎日ヤフーニュースを読んで暇を潰しております。最近は食べログとかも見ています(笑)
とりあえず一週間終わったよ。月曜はお休みにしたよ。3連休イエーイ!

で、今日は仕事帰りに映画を見てきました。
「チームバチスタFINAL ケルベロスの肖像」を見てきました。
母が西島秀俊さんのファンでしてね。「あすなろ白書」で好きになってそれからミニシアターでやってた映画とか芝居とかも結構見に行ってて。
なのでこれも見たい、と申しまして。私もジェネラルからドラマも見ているし、NACSの戸次さんも出てるし行ってもいいよと付きあうことにしました。
ジェネラルかっこよかったです。
西島さんと戸次さんが並んで映ってるの見て「そういえば鈴井さんの『銀のエンゼル』でも一応共演してるんだよね(でもたぶん同じ画面には映ってないかも)」とふと思い出しました。
あの西島さんもいいのよね。久々にDVD見てみようかしら。辻本君も出てるしな!

まあそれはさておいて映画の感想を。
ネタバレしてますから見てない方、原作を読もうとしてる方もスルーでどうぞ。
犯人バラしてますよ!


あ、私の後ろにちいさいおこさまがお母さんと見に来てたんだけど、伊藤くんが映ったら「ぐっちーぐっちー」と言っていました。ちゃんとドラマ見てたんだねー。
でもあんなちいさいおこさまが内容を理解していたかどうかは疑問です。幼稚園生くらいだったよ。




続きを読む
タグ:映画
posted by あむか at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

映画を見てきた

仕事帰りに「劇場版薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」を見てきました。
第一章も公開三日目に来たのですよ。
で、今回も三日目に。
しかし三日目でしたが平日夕方だからかお客さん15人くらいしかいませんでした。
そして意外と男性が多かった。
年配の男性もいらしてね。どこで知ったんだろう。どこで「見よう」と思ったんだろう。
何はともあれいろんな方が興味を持って下さるのはファンとしてもうれしいことでありますけども。

一章の時はグッズとか売り切れが多かったんだけど今回はまだまだありました。
映画見てきた
パンフとラバスト二つをかったら土方さんと左之さんでした。とりあえず土方さんか斎藤さんが出るといいなあと思ってたのでまあよかったです。
このラバストかわいいから箱買いしたいかもしれない。

そして一週目の来場特典のボイスキャンペーンカードももらえました。
ボイスカード、今週はこの2人だそう
次は三週目に行こうかと思ってたりします。

以下感想的なものを。
あのねがっつりネタバレしてるから行くつもりの方は見ないほうが絶対にいいです。
ぜひご自分の目で楽しんでから見てください。





続きを読む
タグ:薄桜鬼 映画
posted by あむか at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

映画を見に行ったり

2日あいてしまいました。
またブログ書く前に寝落ちましたよ。
夏は起きている体力がなくて寝落ちてたけど、冬はさむいから暖かくしてると眠くなって落ちるっていうね。

仕事が暇でボケっと過ごす日が2日続いたので本日はお休みをもらいました。
久々に来たよ、暇な日々。
ひたすらヤフーニュースを見るのにも飽きたので普通に美術館のサイトとか見ちゃってたわ。

で、本日を休みにしたので昨日は仕事帰りに映画を見に行ってきましたよ。
「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」
テレビも見てたし前作劇場版も見たしじゃあ今回も、と思いまして行ってきました。
レディースデーだったので女性のお客さんはもちろん多いんだけどカップルできてたり親子できてたりと男性のお客さんも数名いらっしゃいました。

以下、あらすじとか書いてないけどネタバレとか話の見当が付いちゃうと思うのでまだ映画を見てない方はスルーで。

続きを読む
タグ:映画
posted by あむか at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

水曜に見た映画の感想

変な時間に寝て変な時間に起きてしまいます。
昨日は夜ふかしする気まんまんだったのにまたヒーター前で寝落ちですよ。
寒かったし疲れてたしなあ。
また耳のごわんごわんが始まってきた模様。しかし今度は左耳。
私はだいたい左耳で聞こうとするので左が変なのはちょっとつらいんだがなあ。
要はちゃんと休めってことですよね。はい。

さて水曜日にDGSの劇場版第二弾「Dear Girl〜Stories〜THE MOVIE2 ACE OF ASIA」を見てきました。
ラジオなのに映画ってね(笑)

で、昨日は仕事帰りに映画館によってこれを買ってきました。
140221_~01.jpg
DGSでお馴染みのMASOCHISTIC ONO BANDのCD。
水曜に見に行った映画館にはCDがなかったのですよ。
なので別の映画館に行って買ってきました。チラシもあったのでついでにもらってきました。

以下感想です。ネタバレてます。
そしてあんまりいいこと書いてません。
それでもよろしければ。



続きを読む
タグ:映画
posted by あむか at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

先週観た芝居の感想を

やりたいこといっぱいで追いつきません。

PSプラスのフリープレイのラインナップに「ソウルサクリファイス」と「シェルノサージュ」が来たので昨日の夜に落としておきましたら先ほどインストールが済みました。
私はそろそろネット環境を考えたほうがいいかもしれないね。ダウンロードのスピードが遅すぎる(笑) 
あとでちらっと触ってっみたいところ。

レコーダーの容量がガンガン減っているのでちまちまと消化を。
この間やっと「ダンガンロンパ」を終え、そのあと「兵部京介」を見終え、現在「化物語」を見ています。
「化物語」は一番最初に始まった時に主役が主役なので見てはいたんですが途中で挫折したのね。
だからリベンジと先日からAT-Xでやってるのを録ってるんですけどやっと8話まで見終わりました。
そしたらね、たぶん8話までオンエア時も見てたと思う。だって話知ってるもの(笑)
なぜあとちょっと我慢して見なかったのだ私。

で、昨日見たDGSの感想が書きたいので、その前に先週みたお芝居の感想を書いちゃおうと思います。

先週の10日に観に行きました少年社中15周年記念公演「贋作・好色一代男」の感想を今更ながら。
思い切りネタバレしています。
DVDの発売を待ちたい人はスルーでどうぞ。
そして何様目線です。不快に感じそうな方もスルーでどうぞ。






続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

今更2月アタマに観た舞台の感想を

今更ですが2/2に観た「真田十勇士」の感想を。

日テレ60周年の記念の興行のようです。
最初村井良大くんが出ると知り、「わー、むらいちゃん豪華なメンツのに出るねー」なんて思ってたら同じく出演者にTEAM NACSの音尾さんがいるじゃないですか。
好きなメンツが2人もいるなら観に行くしかないよねとチケットを取りました。
お芝居で活躍する人を応援しているからいつかはNACSの誰かと若手の誰かが舞台で共演なんてこともあるかなあと思っていたのでうれしかったです。
映画とかドラマとかではちょっとあったりしたけど舞台はたぶん初じゃないかな。思ってたよりこの機会が来るのは早かったなあ。
音尾さんをみるのはNACSの公演「WARRIOR」以来、むらいちゃんは「弱ペダ」ぶりでした。
私、むらいちゃんは去年の「ぼくとしょ終業式」以来だと勝手に思ってたけど弱ペダ観に行ってたわ。あの子主演だったわ(笑)

東京千秋楽だったのでカーテンコールが数回あり最後はスタオベ。
正直スタオベするほど?と思っちゃったけど立たないと前が立ってみえなくなるからね。立っちゃうよね。
堤監督が登壇されてキャストも数名ご挨拶されてて「村井ちゃんは?音尾さんは?」と薄く期待したけどまあそこまでさせてくれないわな(笑)
でもそういう特別な感じのカテコも千秋楽ならではで。
だからやっぱり千秋楽行きたくなっちゃうのよね。


以下ネタバレあるかもな感想など。

続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

昨日のこと

月曜は仕事帰りに「贋作好色一代男」を観に行きました。感想はのちほど。真田十勇士の感想もまだ書いてないじゃんね。書かなきゃ。
で、昨日のお休みには午前中に母と江戸東京博物館へ行ってきました。
今「大浮世絵展」をやっていて1月に母は行ってるのですが、期間で内容が変わってるそうで今なら菱川師宣の「見返り美人図」が展示中とのことでそれが見たいというのでじゃあ行こうということになり行ったのですがまあ混んでてね。
人が多くてうんざりしてしまいました。
でもまあ若干遠くからですが「見返り美人」みれたしね。
富嶽三十六景の赤富士とかも見れました。
幕末以降の浮世絵で里見八犬伝の1シーンのものがあったりしてそれがちょっと気に入ったり。
前日に好色一代男を見てたのでそれの余韻もあり、江戸時代の色気みたいなのが垣間見れて興味深かったです。

13時くらいまで江戸博にいてその後丸の内移動してごはんを食べました。
その後ちょっとお店を見たりしながら母とは解散。
15時にいつもの先輩と待ち合わせをしていたのでそちらに移動。
夕方の「る・フェア上映会」に備えてお茶しました。
去年のクリスマスあたりに明治座で、あと年越し公演に行ったあの「る・フェア」を録画したものを上映するのが青年館でありまして、それに行きました。
18時からで30分ほど、ゲストのトークショーや小芝居がありましてね、それも楽しみだったのですが、上映される映像がいったいいつのなのかとか気になってたのでいろいろ楽しみに行きました。
座席が通路側で先輩が通路側すぐ、で私がそのとなりに座ったのですが、キャストが通る通る。
先輩の好きな滝口くんも通って、まあ男前ったらないね。
あと中村龍介くんも真横で止まってくれてたのですがまあかっこいいったらないね。いいにおいがしました(笑)
芝居上映前のコーナーと休憩のコーナーが(たぶん)押して終わったの22時近くでした。
青年館の椅子は古いので座り心地悪くてね。今日仕事中おしりがいたかったです。まさかの弊害。
上映された映像も明治座のだったり大晦日のだったり。
DVD収録日と言われてた日の矢崎くんの声がひどかったのでたぶん大晦日のものが足されて編集されてたのかと思います。
なのでよかったです。
最後のシーンの義経くんの顔がとてもよくて。
あれは座席から見えなかったので映像で見れて良かったです。
DVD発売も決まってね。特典映像いっぱいいれてほしいなあ。
上映会前に流された新春戦国鍋からのながれの映像もよかった。
どりじゃん見たいなあ。Jな事務所の関係でたぶん皿化が無理なんでしょうが、上映会やってほしいなあ。

そんなわけで上映会がおわって22時すぎ、お腹がすいた私たちは肉屋に入ってステーキを食べました(笑) あんな時間にずっしりと食べました。
先輩から先日のモテ福イベントのおみやげもいただいちゃった。
話を聞いてるとN長くん人気がほんとすごかったようで「すごいんだねー」とびっくりしてました。
イベント参加者の声優ファンの多さに驚いたらしい。
あとネハンや地蔵なども声と画が出たらしいんだけどその時の「キャー!」にも驚いたらしい。
まあS訪部さんとS田さんとグリリバさんだからね。
その筋のファンはキャー言いますわな。
たきおさんのファンが多く来るかと思ってたんだけどな。それよりも声優ファンが多かったってことでしょうな。まあそうなるか。

そんなこんなでいろんな話をして解散。
気づけば終電1本前でした。あぶないよ。
肉臭くなって家に帰ったのでした。

さあ、これで年明け週に約1回の割合で芝居やイベントを観てきましたが一段落。
つかれたわ。そりゃ難聴にもなりますわ。
3月に観たいのいっぱいあるんだけどな。
お財布と相談してチケットとろう。


タグ:イベント
posted by あむか at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

先週観た舞台の感想

本日はお休みしております。のんびり。


なので今更ながら先週の木曜に観た舞台の感想を。
今年入って割合で言うと週一で舞台なりイベントなり行っておりますな。私にしては多いよこれ。
来週も再来週も行くよ。そこからちょっと落ち着けるよ。たぶん。

木曜に観に行ったのはOFFICE SHIKA×Cocco「ジルゼの事情」。
劇団鹿殺しさんのとことCoccoのお芝居でした。
今まで鹿殺しさんは観に行ったことなかったんですが、前によく観劇に一緒に行ってた友達がよく観に行っててお話を聞いてたことがありました。

会場だったシブゲキ、初めて行きました。
元は映画館だったということで確かに映画館なつくり。椅子フカフカ。
だけど前の席との間隔が狭いので座ってしまうと入るのも出るのも大変。
私の席はほんとに端で壁とぴったりだったので済ませる物全部済ませて着席して開演を待ちました。


ストーリーは・・・
渋谷と宮益坂の途中、脇道を入ってすぐ見える純喫茶「マーガレット」。
年季の入った店内には、カウンターとソファーテーブルが二組。
泥のようなコーヒーとチンするだけのミックスピザを供するこの店のウリは、
いつでも空席があることと、看板娘・汁是優子(Cocco)の儚げな美しさだ。
時は2014年1月。
東京オリンピック新施設建設のため、地上げ屋に狙われる「マーガレット」の店内で、
優子の初めてにして本格的な恋物語が始まる・・・はずだったのだが。
(公式サイトより)

といった感じで始まるお話。
以下感想。
ネタバレますよ。



続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

週末ですね

昨日は仕事後映画館へ。
ゲキ×シネ「SHIROH」を見に行きました。
ゲキ×シネとは劇団新感線の舞台を映画館で上映するというプロジェクト。
結構前からやってて行ってみたいと思ってたのですがなかなかいけず。
そしたら横浜で今週は「SHIROH」をやるというじゃないですか。
「SHIROH」はもちろん天草四郎の話なのですが、このお芝居が上演された当時、音楽を聖飢魔IIの蒼いギタリストとサポートキーボーディストと元サポートキーボーディストが弾いていましてね。
生オケだから毎日劇場へ、とかそういえば当時言ってたような気がします。
そんなことも思い出したのでこれは行かねば、と時間を調べたら18時から上映開始。
仕事終わって猛スピードで着替えて移動すれば間に合うかな、ということで挑戦してみたら無事時間に間に合いました。
定員100人のシアターで30人くらいだったかな。若い方から結構お年を召した方までいらっしゃいました。

あのね、これはこれでいいなと思いました。
2000円なんですけど、映画の正規の一般の価格って1800円でしょ。
それに200円足すだけでしょ。
で、見切れもなくお芝居見れて。まあ要は上映会ですけどもね。
でもお芝居高いからね。
そこまでみたい役者がいるわけでもない、とかちょっと見てみたかった、くらいでも気軽に見れるお値段で良いなと思いました。
映画館だから物も食べたり飲んだりしながら見れるしね。


で、お話の内容は天草四郎なのでまあ悲しいお話ですよ。
一応隠そうか。

続きを読む
posted by あむか at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

みてきた

今日は天王洲の銀河劇場へ行ってきました。
Bd09haWCQAAy9Ma.jpg
早乙女太一くんの新春特別公演「BUMP」を観てまいりました。
ゲストに矢崎くんが出るって言うんでね、行ってきたわけです。

一応隠しましょう。
ネタバレてるかも。

続きを読む
posted by あむか at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

今頃感想を

昨日はこれを書いていたら途中で寝ました。
隠す前から長いです。

今頃ですが年末年始に見た「る・フェア」の感想を。

正式タイトルは「歳末明治座 る・フェア 年末だよ!みんな集合!!」
東京は明治座で、大阪はNHK大阪ホールで行われました。
2部形式で1部はお芝居、2部は歌のショーというつくりでした。

第一部のあらすじ
年末ワイド時代劇「いい国作ろう鎌倉幕府〜源氏の御曹司〜」
時は天下泰平。
月夜の晩、家光の元に御伽衆として一人の男が現れる。
足利尊氏・織田信長・豊臣秀吉。
人魚の肉を食らい不老不死となり歴代の天下人の元に現れていた。
その男の名前は、常陸坊海尊。
海尊は、静かに語り始める。
自らがすべてを捧げ、尊敬し仕え抜こうとした人物の話を。
人を愛し、戦い抜いた一人の男の悲劇を。
その男の名は、源義経。
打ち寄せる濁流のような時代を華麗に駆け抜けた「義経」。
義経を慕い、その思いが余る故に悲劇を招いた「海尊」。
二人の情熱が時を超えて蘇る。
なぜ、不老不死になってまで語り続けなければならなかったのか?
彼の目的とは何だったのか・・・・

第二部
「SHOWでしょう!」
・御ピース(ゴ・ピース)

お尋ねものたち5人組。メンバーは体が固い人、包丁さばきが上手い人、銃を撃てる人、税理士、ゴム鉄砲が得意な人。

・かむろ・8(カムロ・エイト)

全員関西弁。京都が大好きな7人組!人の悪口を聞くとどこからともなくやってくる!

・御曹司(オンゾウシ/通称オーフォー)

「庶民のみなさん、気分はどうだい?」お互い笑顔で落とし合う、超仲の悪いセレブ4兄弟(母親違い&一人は父親違い)によるユニット。そこのけそこのけ僕らが通る。

・しょきがかりto(ト)諸行無常
しょきがかり2人による聖夜の調べ。諸行無常の皆さんによる合奏。

以上、チラシより。
2部のは公式の動画も貼ってみました(笑)
2部はこのユニットたちのライブでした。しょきがかりさんは公式動画なしです。
ちなみに御ピースのエキストラにうちの先輩行ってます(笑)

そんな感じで休憩含め約4時間の舞台でした。

明治座なのでのぼりがでます。
131223_~01.jpg
こんな感じでずらっと。

131223_~03.jpg
普通の人にはなんのこっちゃわからずなのぼり。

131223_~02.jpg
座長お二人の名前ののぼりがどーん。

明治座ではこの公演の特別なお食事がありまして。
食堂では「いざ鎌倉 頼朝さん御膳」、席で食べられるお弁当で「すごいよ凄いよ義経くん弁当」というのがありました。
そうなの、明治座の休憩が長いのはごはんを食べられるだけの時間があるからなの。
2011年の時の「大江戸鍋」では食事を予約しなかったので今回は!と食堂で「頼朝さん御膳」を予約しておきました。
131223_~04.jpg
おいしかったよ!

終演後には公式キャラクターのるーちゃんが。
131223_~05.jpg

そんなわけで東京1公演、大阪1公演と観てきたのでした。

やっと感想だよ!



続きを読む
posted by あむか at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

行ってきた

今日はミュージカル薄桜鬼の「HAKU-MYU LIVE」というものに行ってきました。
行く前にメイトに寄ってこれを受け取り。
140104_~01.jpg
薄ミュ土方篇DVD。あとで今日の余韻に浸りながら見ます。

今日の感想をざざっと。
ネタバレになるかも。


続きを読む
タグ:薄桜鬼
posted by あむか at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

今年を振り返る(鑑賞編)

もう今年も2日しかないよ!ということで今年を振り返ろうかと。
今日は鑑賞編です。ゲームは後日。

たぶんとても長くなるよ。覚悟してね。そして何様目線だからね(笑) 悪しからず。


 続きを読む
posted by あむか at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

ピアノコンサートへいってきた

今日は愛さんと「ピアノレストラン2nd Concert」というピアノコンサートに行って来ました。
チケットがあたりましてね。
愛さんにはこの前ゲームショウのチケットいただいたし、前期FF曲もやるようだし、会場横浜だし、ということでお誘いしたら「ショパン中山さんも見たかったからぜひ!」とお返事いただきまして今日の運びとなりました。

まずはお昼に待ち合わせてビュッフェなレストランへ。
お昼のプランとか愛さん全部考えてきてくれて私はそれに乗っかるだけでした。
いろんな種類の食べ物があってたらふく食べました。
コンサートが17時半からだったので見てる間にお腹がすかないようにお昼をたらふく食べました。
おかげでコンサート終わった20時すぎでもお腹すいてなかったよ。

お昼を食べてからは狩りタイム。モンハンをやりました。
今日行ったところのあたりはベンチがいっぱいあってのんびりできるのね。
ちょうど屋根のあるところで狩りをしました。
やっぱりネットでもリアルでも人と狩るのは楽しいですな。
また頑張ろうという気になりましたよ。

で、狩って移動してコンサート会場へ。席の位置がいいとこでびっくりしました。ご招待ばんざい。

セットリストは
谷岡久美さん
・「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル・リングオブフェイト」より
 『Memories of Ring of Fates』(ピアノメドレー) 
・「ラグナロク オデッセイ エース」より
 『メインテーマメドレー』『You Always Make Me Happy!』
・「ピアノ・コレクションズ ニーア ゲシュタルト/レプリカント」より
 『光ノ風吹ク丘』
・「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル」より
 『星月夜』
・「FAINAL FANTASY XI」より『Awakening』

坂本英城さん( バイオリン:尾池亜美さん チェロ:内田佳宏さん)
・「無限回廊」より『Prime #7』
・「428〜封鎖された渋谷で〜」より『手紙』
・「怪獣が出る金曜日」より『怪獣が出る金曜日・ラストテーマ』
・「討鬼伝」より 『ウタカタ』『鬼討ツモノ』
・「TIME TRAVELERS」より『The Final Time Traveler』

中山博之さん
・「FINAL FANTASY IV」より『トロイア国』
・「FINAL FANTASY I〜III」より『街メドレー』
・「FINAL FANTASY I」より『グルグ火山』
・「FINAL FANTASY VI」より
 『魔道士ケフカ』『幻獣を守れ!』
・「FINAL FANTASY V」より
 『はるかなる故郷』『ビッグブリッヂの死闘』

アンコール
・「FINAL FANTASYシリーズ」より『プレリュード〜OP』 中山博之さん
アンコール 2nd
・「ドラゴンクエスト3」のメドレー(ごめんなさい、曲名わかりません。『そして伝説へ』はわかった)
 谷岡さん、坂本さん、中山さんの3人で連弾

プログラムをそのまま移しております。曲順はこのとおりではなかったです。

谷岡さんは以前ニーアのピアノアレンジアルバムが出たときにあったイベントで一度演奏を聴いたことがあります。
今回もニーアやってくださってうれしかったー!しかも「光ノ風〜」。これはねフィールド曲ですごく疾走感というかほんと風を感じる曲なのですよ。よかったなあ。
ほかの曲ももちろんよかったですよ。

坂本さんは演奏会でステージに出られてるのを見たことがありますが、ご自身のピアノ演奏を聴くのは初めてでした。
坂本さんはバイオリンとチェロとのアンサンブルでした。
「討鬼伝」も坂本さんの作品だったのですな。かっこよかったです。
あと「428」の曲もよかった「428」は積んでるのですが以前別のコンサートで聴いた「428」の別の曲もよかったんだよねえ。ちゃんとゲームをして聴いてみたいです。

中山さんはFF曲をたくさん弾いてくださいました。
どれもすごくよかったけどやはり大好きな「ビッグブリッヂ」はすごかったなあ。
どうすればあんなに指が動くのでしょう。

アンコールの中山さんのプレリュードももちろんよかったんだけど、3人での連弾のドラクエは意外でした。迫力あったなあ。
最初に坂本さんがボスキャラ的な扮装で出てこられてゲームを再現(?)されてて面白かったです。

同じピアノでの演奏でも3種3様で興味深かったです。
でもショパン中山さんがやっぱりすごかったなあ。
愛さんも言ってたけど私も「ピアノオペラFF」のCD買うよ。

とても良いコンサートでした。愛さん、一日お付き合いどうもありがとう。
単純な私はピアノを弾きたくなりました。
またちょっと弾くようにしようかな。


さて、3連休終了ですな。
博物館行ったり演奏会行ったりとアート的なものに触れたよい3連休でした。
次の3連休は12月終わり近くまでないね。
てか今年がもう終わるね・・・はやい・・・



posted by あむか at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする