2015年08月23日

今月の今更な話 その3

8月は鑑賞の機会が多いのですよ。
なのでまた鑑賞記。

今日は8/3に行った「フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2015
東京ニューシティ管弦楽団 オーケストラによるゲーム音楽ナイト」の話。

続きを読む
タグ:FF関連
posted by あむか at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

今頃な感想を

今日は仕事帰りに実写版の「進撃の巨人」の映画を見てきましたよ!
感想はいつもどおりあとで。
その前に溜まってる鑑賞記を。

もう半月以上前ですが8/1に矢崎広くんのファンクラブイベントが渋谷duoというライブハウスでありました。


続きを読む
タグ:イベント
posted by あむか at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

今頃な感想

ちょっとがんばって鑑賞記を書いていきますよ。
今日は今頃ですが先月観た舞台「女中たち」の感想を。

本日はこちら
トライストーン・エンタテイメント(今回出演の多岐川裕美さんや矢崎くん所属の芸能事務所。小栗旬さんや綾野剛さんも所属してるよ!)プレゼンツな感じの舞台でどうやら企画第一弾のようでした。
主役の女中たちを演ずるのが矢崎広くんと碓井将大くん。女中たちがお仕えする奥様役に多岐川裕美さんというキャスティング。
演出は劇団柿喰う客の中屋敷法仁さん。
中屋敷さんは去年矢崎くんと演劇ユニット「なかやざき」でご一緒されててそこで初めて脚本・演出作を拝見したのですが、今回は原作ものの演出。どういう演出をなさるのか楽しみでした。

ジャン・ジュネ作のこの戯曲。存在は知ってまして、でも読んだことはなかったのです。
今回観劇するにあたり原作を読んでみました。
外国文学が苦手な私ですが、この戯曲という台本スタイルはとてもわかりやすく頭に内容が入りやすかったです。
でも原作が難解なので1回読んでも「はて・・・?」という感じだったので何度か読み返しましたけども。

以下何様目線な感想ですよ!全然文がまとまってないけども。
ワタクシめがただ思ったことなのであしからず。






続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

「PRESS START 2015」に行ってきた

今日はこれ

昨日はファミ通Presents「PRESS START SYMPHONY OF GAMES 2015」の昼の部に行ってきました。
今回で開催10年で10回目を数えるこのゲームコンサートですが今回で終了とのこと。
私は2回目からかなんさんと毎年来ておりましたが今年も例年同様行ってまいりました。

鑑賞記を書く順番がアレなんですけど先にプレスタの感想書いちゃいますね。
演奏ラインナップとそれぞれの曲のちょろっと感想を。




続きを読む
posted by あむか at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

じっくりゲームもしたいよね

先週金曜仕事帰りに「ミュージカル薄桜鬼 黎明録」を観に行きました。
月曜日、映画「明烏」を見にいきました。
それぞれの感想はのちほど。

んでもって本日、東京国立博物館で開催中の「鳥獣戯画展」に行ってきました。
見てきた。満足

5月の半ばに一度行こうと思ってたのですが連日の混雑具合に辟易。
行こうとしてたのは土曜でしかも用事をこなしてからの予定だったから入館までに2時間、入ってから目的の甲巻見るまでに2時間というのがほぼデフォなこの展示でそんな午後イチとかで挑んだら一体見終わるのいつよ、という不安がつのり中止。
母も一緒に行きたいといってるので熱中症や日射病の対策も立てなきゃだし、あんまりきつい状況は避けたかったのでじゃあ平日の朝イチで行きましょうと日を改めることにしました。
それで本日、有休をいただいて行ってきたわけです。
朝7時半には博物館に着いている時間に電車に乗り、予定通り7時半に着いたら開門待ちの150人程度の行列がすでにできていました。
でも150人だよ!これはラッキー。
8時半に開門だというのでレジャーシート敷いて1時間ほど時間つぶし。
8時半に開門してそこから鳥獣戯画が展示されている平成館前に移動。
平成館の入口からちょっとだけテントができてて運良くその下に入れ日光とおさらば。
でもちゃんと給水所もあって日傘のレンタルもあり、時間つぶし用にクロスワードパズルとか置いてあってなんとかいろんなところを緩和しようとしてる博物館側の努力も見られました。
でもジブリの森みたいな感じで時間予約制とかにしたらよかったんじゃないかと思うけどね。

で、開館は9時半からなのだけど「準備がちょっとだけ早く済んだので」ということで9:15に開館。
そこから100人ぐらいずつかな、区切って入場。
私たちは2番目の団体で入れました。
チケット切ってもらって甲巻の展示されてる第二会場から入場。
ささささーっと移動して待機列に並びましたが15分ほど待ったところで甲巻前に着きました。
4時間待ちを覚悟してたので早くて嬉しい限り。トータル2時間15分ほどしか待たなかったよ!
それで甲巻も本物見られて感激!ホントうさぎなどの動物がかわいくて。
ずっと本物がみたかった絵巻で本当は去年京都で展示があった時に京都に行こうと思っていたのですが、東京でも開催されるだろうと待っていたのでした。
前半は逃しちゃったけど後半だけでも見られたので満足です。
歩きながら見ないとなので立ち止まってじっくりとは見られませんでしたがそれでもよく見れたのでよかったです。
甲巻を見たあとは他の丙・乙・丁巻も見て、他の展示も見てグッズ売り場へ。
15060201.jpeg 15060202.jpeg
また図録買っちゃったよ。しっかりした装丁で裏表かわいいです。
あとマスキングテープを買いました。うれしいな!

その後博物館敷地内のレストランで食事を取り、せっかく来たので本館のミュージアムショップも見ましょうかと見て出ようとしたら母が「ちょっとこれだけ見たい」と本館の展示の「歴史の記録 江戸城と寛永寺」を見たいというので「じゃあ私も刀剣だけ」とついでに刀剣見てきました。
今は「刀剣乱舞」でお馴染みの「三日月宗近」も展示されてるというので(私はまだゲーム内で持ってないけどな!てかずいぶんとうらぶやってない)それ方面の女子がどれだけいるかしらと行ってみましたがごった返すと言うほどではなく、それでもいつも4〜5人の女子がガラスケース前にいるという感じ。
私もさくっと撮ってきました。 
15060204.jpeg 15060205.JPG
前の方でみんなカシャカシャ撮ってるからなかなか近づけずこれが精一杯。
15060203.jpeg 15060206.JPG
他にも堀川国広、二字国俊もありました。

さささっと刀剣と甲冑の展示を見て出てみたら母がまだ出てこなかったのでトーハクアプリを立ち上げてスタンプラリーに挑戦。
3箇所に行ってアプリ内にスタンプが押されると記念グッズがもらえるというもので博物館に来るたびにいつかやろうやろうと思ってたのがやっとできました。
3箇所回るって言ったって全然距離ないし簡単なのですよ。
周り終わってグッズをもらったところでちょうど母も出てきたので博物館をめぐるのは終了。
買い物をして帰途につきました。
いやー、よかった。満足した。

鑑賞ウィークこれにて終了。
換算すると2日に1日、何か見に行ってました。つかれたわ。
今月は割りとなにもないのでのんびりしよう。ゲームしよう。

posted by あむか at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

先週観た舞台の感想

鑑賞記が続きます。

火曜日は松竹さんの「嵐が丘」を観劇してまいりました。
主演が堀北真希さん、他に山本耕史さん、戸田恵子さん、高橋和也さんなどテレビなどでも見る有名な俳優さんが出演される中、矢崎くんも出演ということで行ってきましたよ。
前回が「タイタニック」だったので2ヶ月ぶりの観劇です。

原作があるものはなるべく原作を読んでから、と思っているのですがこれは読めなかったー。
本当に外国の方の書いた小説が苦手です。
今回も4章まで進んで、間が空いてわからなくなってまた最初から読んで4章まで進んで・・・と繰り返してたら時が過ぎてました(笑)
もうちょっと気合い入れられてたら。

でもね、大変わかりやすい舞台でした。原作読まなくても問題なかったです。
セットがいいテンポで変わってね。せり出たりひっこんだり。
なんか私こんなセット展開の舞台見たな・・・と思ったら去年夏に観た「ガラスの仮面」も演出G2さんでした。

あとね、音楽が生演奏!ミュージカルじゃないのに。
私の席は2階の1列目のやや下手側だったのですがちょうどマリンバを演奏されてる方がみえる位置で。かっこよかったです。
でもね、ミュージカルじゃないでしょ。要はBGMなのですわ。
だからところどころちょっと大きくて声が聞き取りづらいってこともあったかな。そりゃ演奏してる方も盛り上がっちゃうよね。
でも臨場感があってよかったです。やっぱり生演奏はいいねえ。

日生劇場も久々でした。たぶん鹿賀さんの「ジキル&ハイド」を観て以来じゃない?
あれっていつよ?とググったら2007年だって。もう8年前かい・・・


ネタバレしちゃうかもな感想はこちら。


続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

ネオロマンスコンサート

今週もやっとおわり!火曜に「嵐が丘」、昨日は「薄桜鬼 黎明録」を観てきましたよ。
ですがまずは先週の話の続きを。
先週の土曜日に行ったネオロマンスコンサートの感想を。

ネオロマンス20周年を記念してのイベントだそうで、ゲーム中の音楽をオーケストラで演奏、という内容。
乙女ゲームでのオーケストラコンサートは割りと珍しい気がします。
今年アタマにVitaminもやってましたけど。

いつだか信長の野望購入者向けにオーケストラコンサートがあって2月だか3月に戦国無双のオーケストラコンサートがあったので、周りでゲームのオーケストラコンサートが増えてきてコーエーさんも流れに乗ってきたのかなと(笑)
乙女ゲームでも幸いネオロマンスは割りと遊んでる方でして、今回のコンサートで演奏対象となってるものだと「下天の華」以外は一応シリーズのどれかは遊んでるので割りと安心。
だけど覚えてるかは別(笑)
でも遙かがあるから他を忘れてても!

セットリストはこちら。
1.「アンジェリーク」メインテーマ メドレー/「アンジェリーク」シリーズより
2.「遙かなる時空の中で」メインテーマ/「遙かなる時空の中で」シリーズより
3.「金色のコルダ」のテーマ/「金色のコルダ」より
4. BLUE SKY BLUE/「金色のコルダ3」より
5. オープニング〜戦闘〜愛の成就 メドレー/「ネオ アンジェリーク」より
6. 下天の華〜 Amor/「下天の華」より
 歌・ピアノ:グレース・マーヤ
7. 君は独りじゃない 〜ALWAYS/「アンジェリーク」キャラクターソング
〜『アンジェリーク ルトゥール』紹介コーナー〜
8.「遙かなる時空の中で」メドレー“愛(かな)し”/「遙かなる時空の中で」シリーズより
9. 運命の鼓動よ/「遙かなる時空の中で3」エンディングテーマ
 歌:平林 龍、グレース・マーヤ
10. 5分間のhistory/歌:ジュリアス(速水 奨)
11. 枷鎖の散華は涙に/歌:平 敦盛(保志総一朗)
12. はじめての気持ち。/歌:火原和樹(森田成一)
13. 愛のあいさつ/「金色のコルダ」より
14. SILENT DESTINY/TVアニメーション「ネオ アンジェリーク Abyss」オープニングテーマ
15. 華一輪/「下天の華」より
16. LILA LAVANDULA LILA〜STELLA SOL STELLA/「金色のコルダ3 AnotherSky」
17.「遙かなる時空の中で」決意のメドレー/「遙かなる時空の中で」シリーズより
18. 守護聖のテーマ〜優しい愛の歌 メドレー/「アンジェリーク」より
19.僕たちのAnniversary/歌:出演者全員

司会が速水奨さん、保志総一朗さん、森田成一さん。
ところどころオケをバックに歌が入ったり。
「下天」の音楽はかっこよかったですわー!おしゃれ。
歌を担当されたグレース・マーヤさんの声がかっこよくて。ゲームをやってみたくなりましたよ。織田信長の時代モノですしね。いずれやりたい!

あとやっぱり和楽器いいね。遙か関連の曲はほとんど尺八が入ってたけどかっこよかったです。
それでやっぱり「運命を変える力」がうれしくて。あの曲大好きだわ。
それからきっと忘れているだろうと思っていた「アンジェリーク」ですが守護聖のテーマで蘇る思い出。
ゲームだと部屋に入ると各守護聖のテーマがかかってたのですがあれ効果的ね。
キャラが出てきてそのキャラのテーマが流れるってのよりなんかその部屋にいく、というのが一手間あるからかドアを開けると流れてくるからなのか覚えるような気がします。

司会も三人の掛け合いが面白かったです。
今回声優イベントじゃないのに声優さんが見れて得したなあ、という感じがしました。
「速水さんがいい声すぎて笑えてきました」と涼さん。わかる!ホントいい声でしたわ。
「運命の鼓動よ」は指揮振ったりピアノ弾いたりな平林さんがグレースさんとデュエット。キャラソンとは違う感じの一曲になってました。

2時間、あれこれ思い出しながらの楽しいひとときでしたよ。
不服としては少人数編成のオケだったのにお値段が高い、ってとこかしら。声優代も入ってるんだろうけどもさ。
それから公式ユニットのゴリ押し。彼らの歌とか別に・・・
あと夜の部の開演時間がもう少し早くても良かったのよ。
なのでアフターの時間の足りなさといったら・・・
終わって21時すぎでそこから関内駅まで歩いて居酒屋探してお店入ったらあっという間に22時だったよ!
しかもその居酒屋結構おいしかったよ!もっといろいろ飲み食いしたかったよ!(笑)

そんなわけでネオロマンスな一日が終了したのでした。
涼さん、一日お付き合いありがとうございました。
とりあえず時間を見つけてコルダ3神南買って遊ぼうと思います!

posted by あむか at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

4年に一度のゲーム音楽フェス

さあ5連休おしまいです。がーん。
でも2日行けばまた2日休みなのでがんばれます。
それよりもそのあとは7月まで祝日ないのががんばれそうにありません。

5/4は4年に一度のゲーム音楽フェス「4starオーケストラ2015」に行ってきました。
きたよー!ニーアと零式たのしみ!
前回は会場が新小岩でまだ私としては行きやすかったのです。
時期的にも9月末とかで仕事帰りに行けて2日間2公演を聴きに行きましたが今回はなにせ会場が八王子。
遠いのです。
そして時期がラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンとかぶってる。
なのでFF曲多めな1日目のオケや3日目のラスト公演とかも行きたかったのですが2日目のオケだけにしました。
だってFF零式の「我ら来たれり」とニーアの曲やるんですもの。
それにニーアの曲を歌われてるエミ・エヴァンスさんも来るって言うし、ニーアのピアノアレンジアルバムで弾いてらっしゃる谷岡由美さんも参加されてるっていうんだもの。行かないわけがない。
そしてこのコンサートにはFCBの歌うティンパニ奏者でおなじみコイさんも参加されてましたよ!

続きを読む
posted by あむか at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

熱狂の日

日付が変わって連休最終日となってしまいました。
5/3と5/4は音楽を聴きに参りましたよ。
とりあえず5/3のことを。

今年もきたよ! #LFJ2015 #LFJtokyo
5/3は有楽町・丸の内エリアで毎年開催される「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』」に母と行ってきました。
一昨年始めて聴きに来て「これは恒例行事にしよう」ということになり今回で参加3回目となりました。
今年はテーマが「PASSION」ということでしたが私が思ってたような「情熱」的なものは少なくて意外と好みなプログラムがなくて実はだいぶ悩みました。
チケット発売日に私が気になってる吹奏楽のプログラムと母が気になってるスペインの音楽の計2公演だけ取ってしばらくは放置してたのですが、直前になって「やっぱりなにかねじ込もう」ということになり吟味に吟味を重ね朝一のオーケストラとお昼すぎの新進気鋭なクラシカルバンドの公演のチケットを取り、結果1日で4公演楽しむということになりました。


続きを読む
posted by あむか at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

今更な感想

そういえば私ミュージカル「タイタニック」の感想書いてなかったなと今更。
3月にミュージカル「タイタニック」を観ました。
公式サイトはこちら
レオナルド・ディカプリオさんの映画で有名ですが、ミュージカルの内容は違います。
映画は貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描いたラブロマンスとなっていましたがミュージカルの方は船内のいろんな客や船員たちの様子が描かれたものとなっています。
この「タイタニック」にベルボーイ、バンドマンのハートリー、給仕、機関士の4役で矢崎くんが出てましてね。
というかこの舞台、キャストの兼ね役が多くてそれもまたたのしかったです。
その矢崎くんがお見送りキャストに入っていた日と、アフタートークに出ていた日の公演、トータル2回観ることができました。

「タイタニック」がどうなるのかわかっているので悲劇的なお話かなとちょっと構えてたのですが、悲しいは悲しいんだけどそれだけじゃないミュージカルとなっていました。
なんかね、1回目よりも2回目の方が感動しました。
1回目はそうでもなかったのだけど2回目はホロリときたなあ。なんでしょう、あれ。

ミュージカル俳優さんや宝塚出身の女優さんが多い中、若手の舞台俳優や声優、Vocalグループの方、など歌える人たちが集まってました。
でもやっぱりミュージカルや宝塚など本業の方に比べたらいわゆる2.5次元舞台多めの若手は歌い負けちゃってましたね。
下手じゃないんだけどね。声量や鳴りが足りてないというか。
もっともっと頑張って欲しいなと思いました。

その他細かい感想的なあれこれ。私個人の感想なのであしからず。



続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

日曜のこと

昨日の日曜は去年の12月に行われたる・ひまわりさん制作の舞台「聖☆明治座 るの祭典」と「る・コン」の模様の上映会が横浜でありまして、それに行ってきました。
さあ夜の部に入りますよ

13時から「る・コン」の上映、17時から「るの祭典」の上映がありました。
「るコン」も「る典」も実際の舞台を観てはいるのですが上映会はゲストもくるし、
「るコン」は12/31にやった音楽イベントで私が行ったのは19時からの回。
上映会はカウントダウン公演の上映だったのでそれは見たいとチケットを取りました。
「るコン」上映会のゲストはDA2-DANZINのSYOさん(矢崎広さん)を除いた4名のみなさま。
「SYOさんはすぐ沈む船に乗っていてこられません」とHYONさん(滝口幸広さん)
もう沈む船は終わって丘の上での稽古中なはずですがね(笑)
「るコン」上映会はこのだーつーさんが生オーディオコメンタリーしながらの視聴。
面白かったけど映像中の音声と生オーコメの音声がかぶりまくって半分位なにしゃべってるのかわかりませんでした。
生オーコメの時は音量が課題だと思いまするひまさん。
でも途中でメンバーが客席に降りてきてくれたり1曲歌ってくれたりで楽しかったです。

19時からの「る典」は最初にゲストのリーディングとエチュードがあってからの上映。
エチュード、面白かったです。
でもあれね、上映前にそういったゲストが出てのいろいろがあると、それが終わって上映始まると同時に客席を立つお客さんが結構いるのね。
時間的に仕方ない方は仕方ないけど、なんか上映部分以外が目的かい、とちょっと残念な気持ちになりますね。
る典も明治座で実際のを観てて今回の上映会で見たのが2回目となったのですが1回目は「面白い」で終わった感想も2度目になるとちょっと感じ方が違いました。
とりあえず座席が固くて長時間座ってるのがキツかったです。
上映終わって外でたら寒いし。
椅子と気温に体力を奪われまくり、家に帰ったらばたんきゅーでした。ほんと疲れてた。

「る典」も「るコン」も初夏にDVD発売とのことですが5月末は初夏に入りますか・・・?
きっと5月末にある「滝口炎上」で初売りじゃない?なんて予想を立ててたんですが7月くらいなのかしら。
「るコン」に特典映像いっぱいついてるといいなあ。「る典」は矢崎さんゲストで1日だけ芝居以外のところでちらっとしか出てないからねえ。

そして本日は私の中で重要な団体のとある発表がありまして、それにより秋以降のスケジュールがまたわさわさとしてきたのですが、るひまさんの予定はどうなのかなー。ていうか夏以降の矢崎さんの予定をだね(笑)

タグ:イベント
posted by あむか at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

まつった

昨日は「遙か祭 2015〜十五年の宴〜」に行ってきました。
私は初日夜の部に参加だったのですが、涼さんも同じ部に参加されるとのことだったので開場までとアフターをご一緒させていただきました。
15時に待ち合わせて終演までの腹ごしらえ的な意味を込めてまずはお茶しに行きました。
ティータイム!
最近のヲタク生活近況報告などをしていたらあっという間に開場時間が近づいてきたので聖地パシフィコ横浜へ移動。
ロビーではグッズを買い求める神子さまたちのレジ待ちの列が結構長く出来てました。
グッズは「この絵のタッチで3キャラのグッズがあったら買ってたかも」というものがいっぱいでした。つまり何も買いませんでした。
なんか屋台的なものも出てたみたいね。私、確認できなかったけど。
ちょっと時間をいただいて現地に来てる友達とも会えたりし、展示されてる原画を見たり、グッズをチラ見したしてたら開演が近づいてきたので一旦涼さんと解散。

声優イベントに来たのがものすごく久々でした。
最後に声優イベントに行ったのっておととしの薄桜鬼の桜の宴ぶりでしたよ。
遙かイベントで言えば2011年にあった「遙か祭2011 初春時代絵巻」以来だそうです。
私、2010年の「遙か祭 十年祭」に行ったのは覚えてたんだけどこの2011年のはうっすらしか覚えてなくて自分の記事さっきさがしちゃいました。
そうそうあれは「5」のお披露目含めた会だった気がします。

今回は遙かが発売されてから15周年ということで1〜5までの作品がそれぞれの会でちょっとずつドラマだったり歌だったりメッセージだったりがあったりして、私が見に行った1日目夜の部はドラマが「2」と「5」(5は毎日ある)でメッセージが3、歌がいろいろ、という感じでした。

遙かは私が初めてハマった乙女ゲームです。
その前まで乙女ゲームって「アンジェリーク」(しかもスーファミ版)しかやったことなかったのです。
それが遙か1を発売されてずいぶん後に買って(もう3出てたからね)ハマり、すぐ2を買って、そして3を買って・・・と私のゲームプレイに新たな風を吹き込んだ一作であります。
なので思い入れがかなりあるのです。
そんな中今回はキャストに三木さんがいらっしゃる!
私の好きな声優一位が三木さん。
もちろん遙かの三木さんキャラも大好きなわけです。
こりゃ行くしかないだろ、と今回のイベント参加を決めました。
たぶん三木さんも遙かのイベント出るの久々よね。他出てたらたぶん行ってたもん。

以下ちょっとイベントの話を。
DVDで見たい方などはスルーでどうぞ。

続きを読む
posted by あむか at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

今頃な感想

今頃ですが先月観に行ったミュージカル「SAMURAI7」の感想を。
「SAMURAI7」というお話のネタバレをしてますので見たくない方はスルーで。



続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

感想みたいなこと

ちょっと時間が空きましたが17日に観に行った「ミュージカル薄桜鬼 藤堂平助篇」の感想を。

とうとう薄ミュも5作目(LIVE入れたら6作目)
一番最初の斎藤篇から3年近く。
それぞれの公開の期間が均一でなく半年くらいで次の作品が始まったり1年近く間をあいたものもあるからなんともいえないけど3年近くで6作はわりと早いペースだったのじゃないかなと思います。

斎藤、沖田、土方と来てLIVEがあって風間、そして今回の藤堂篇と、とうとうここまで来たか、という感じです。

今回はニコ生配信もあるのですよ!約3年経って初の配信。
テニミュやペダルと同じとこがやってるのにこの遅さ。
こういうところも薄ミュってちょっと不遇だなと。
2/1まで1600円で見れちゃうよ!(宣伝)

続きを読む
タグ:薄桜鬼 観劇
posted by あむか at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

2014年を振り返る(鑑賞編)

ということでまだ去年を振り返らせてください。
とりあえず鑑賞編ね。

続きを読む
posted by あむか at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

12月後半に観た舞台のこと その2

ということでその2です。
12月後半っていうか大晦日ですけどね。
今回は「る・コン〜あんなこと、こんなことあったでSHOW〜」について書きますよ。
私が観に行ったのは19時からの追加公演でした。
カウントダウン公演のみだったのだけどチケットがすぐ売り切れちゃったのでカウントダウン前に追加公演をということでチケット発売となりました。
はっきり言って有料ゲネプロかもしれないけど!でもこれはありがたかった!
第一あの人気者たちをあんなにたくさんキャパ1300くらいの明治座でってのが無理なんだわよ。明治座でやりたかったのでしょうけども。
たぶんるひまさんも今回でこの手のライブ的イベント、味をしめたと思うので次回はぜひ広いところでお願いします。

ということで以下ネタバレ感想です。
DVD出るまで見たくない方(たぶん出るよね)や興味ない方はスルーでどうぞ。

異常に長くなりました。ご注意ください。




続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

12月後半に観た舞台のこと その1

これともう1本書いたら一年を振り返るんだ・・・!

さて、もう去年となってしまいましたが12月19日に観た「るの祭典」と31日に観た「る・コン」の感想を。
いっぺんに両方書こうかと思ったけどとてつもない長さになりそうなのでまずは「るの祭典」から。興味のない方はスルーでどうぞ。
またDVDが出るまでネタバレイヤンな方もスルーでどうぞ。

14121901.jpg 14121902.jpg
明治座にはいつもどおりわかる人でないとなんだかわからないのぼりが立っていたよ。


あ、その前にMeeT Cafeのことを書こう。
MeeT CafeとはEテレ「趣味の園芸」のパーソナリティでありガーデニングコーディネイターやフラワーアレンジメントなどの資格も持つ俳優三上真史さんと調理師免許を持つ俳優滝口幸広さんがプロデュースするカフェでして、去年の5月にも新宿のバルト9で行われたイベントに合わせて映画館でオープンしてたんです。
今回はそれの第二弾。もちろん明治座内のラウンジで開かれておりました。
14121903.jpg 14121904.jpg
MeeT Cafeのメニューは「MeeTホっと!&クリスマス オリ・イヴ ティー」というエッグスラットとスペシャルハーブティーでした。
エッグスラットが滝口くん考案、ハーブティーが三上くんの考案メニュー。
エッグスラットは底の方にご飯が入ってて正直ゆるいドリアみたいな感じでした(ひどい)
ハーブティーはレモングラス系でお好みではちみつとジンジャーパウダーを足してどうぞ、というものでした。どちらもおいしかったよ。

他にも官兵衛御膳(今回のるの祭典は官兵衛のお話)や三上くん滝口くんプロデュースのお弁当もあったのだけどMeeT Cafeのメニューを予約しちゃったからこちらは頼みませんでした。
売店で売ってた梅が枝餅だけ売れ残ってたので買って食べたけど。






続きを読む
タグ:観劇
posted by あむか at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

トーベ・ヤンソン展

今日(というかもう昨日)は仕事帰りに母と待ち合わせてそごう美術館でやっている「トーベ・ヤンソン展」に行ってきました。
みてきた
トーベ・ヤンソンさんはムーミンの作者。
最近ムーミングッズもやたら見かけるようになりましたけどヤンソンさん生誕100周年なんですって。それもあるのかもね。
トーベさんはムーミンしかしらないからムーミンな展覧会なんだろうと思って行ったのですがそうでもなくて。
ある意味いい裏切られ方をしました。
もちろんムーミン関連作品が圧倒的に多いんだけども。

ちゃんと絵を描かれてた人だというのを初めて知りました。
漫画的な挿絵とかそういうのだけなのかと思ってたの。そしたらちゃんと絵画もあって。
一番最後に描かれたという自画像が迫力あってよかったなあ。
あとムーミンだけでなく「ホビットの冒険」や「不思議の国のアリス」の挿絵などもあって。
アリスのはかわいかったなあ。本を買おうと思いました。


1箇所撮影していい場所がありまして、それがこちら。
トーベさんが過ごしたという島の小屋のレプリカ。
暖炉で調理できるようになっててね。雰囲気も良くてこじんまりでかわいかったです。

図録と飴を買いました
あまりにもかわいい絵がいっぱいだったので図録を買いました。
あと絵が可愛かったのでキャンディ缶も。
ムーミングッズはうっかり買いすぎてしまうのでこれくらいで。
母はスナフキングッズを買っておりました。母もムーミン好き。
母が結婚した頃にね、お友達に「旦那さん、スナフキンみたいね」って言われてたんだって。
確かに私が小さい頃の父はスナフキンのようだった。
だが今はすっかり見た目ヘムレンさんだけどな!(笑)

ボジョる
ついでに帰りに「ボジョレーヌーヴォー解禁」と売ってたので買って帰ってきました。
赤ワイン、あんまり得意じゃないんですがこれは飲みやすかったな。おいしかった。
おかげでやらなきゃならんこといっぱいなのにもう眠くて大変。

posted by あむか at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

トーハクへ

母が国立博物館でやっている「日本国宝展」に行こうというので昨日一緒に行ってきました。
今日はこれ。雨ー
だけどあいにくの雨。雨だから空いてるんじゃない?なんて思ったら大間違い。
上野公園に入っていく人ほとんど国立博物館目当ての人でした。
ちょうど一年前にも来ていてその時に上野公園で「あかりパーク」というイベントがやっていて今年もやってるかしらねと来る前に調べたら開催中だというのでじゃあ博物館見たあとあかりパークを見てみようという計画にしていたのですが、結構な雨だから展示とか博物館本館外壁へのプロジェクションとか中止になっちゃうんじゃないかとちょっと不安でした。
とりあえず12時ころに博物館についてまずお昼(笑)
博物館敷地内のレストランでご飯食べて雨足が弱まらないかしらと待っていましたがそんなことはなく。
本当だったら博物館敷地内の庭園が期間限定で開放されてるのですがこの日は雨で開放中止。残念。
なのでご飯食べてとっとと平成館へ目的の「国宝展」を見に行きました。
正直あんまり国宝に興味なくてね。さらっと見れればいいや、くらいだったので人だかりがすごい展示物はさけ、人が減ったら見る、減らなかったら遠くからチラリと見る、というスタンスで回りました。
でもみたいなと思ったものは割とじっくり見られました。
正倉院の宝物が4点展示されててその中でも「楓蘇芳染螺鈿槽琵琶」(かえですおうぞめらでんそうのびわ)が素敵でした。螺鈿素敵。
国宝展でなくて本館でやっていた「漆芸に見る東西交流」という特集の展示でも螺鈿作りの箱とかたくさんあって綺麗でした。いいな螺鈿。
あと国宝展で私が見たかったのは刀剣と着物だったのでそれらはじっくり。
あと目玉のひとつとなってる土偶もじっくり見られました。
予定通りサクッとみて母が出てくるまで(人も多いし興味の対象が違うので別々に見てた)グッズを見たり。

母が出てきたので母の買い物を待ってから本館に移動。
本館は広いので目的の展示を決めてそこを目指さないとたどり着くまでに大変な時間を消費してたりします。
見るものいっぱいでじっくりみちゃうとあっという間に閉館間際とかなってるからね。
幸い昨日は開館時間延長で20時までやってましたけども。
昨日やってた展示で見たかったのは先ほど書いた「漆芸に見る東西交流」と「浮世絵と衣装―江戸」と「能と歌舞伎 能「松風」にみる面・装束」という3つ。それから常設の刀剣エリア。
効率の良い回り方を壁に書いてある地図でチェックしていきました。
途中で国立博物館公式アプリもダウンロードしてみました。これ便利。いつでも地図が見れるのが便利。
国立博物館の1階と2階を移動する際、意外と通れない階段があったり最寄りの階段まで結構距離があったりと階段探しに困ったりするんです。私は。
それがこのアプリがあれば一発だよ。しかもブルートゥース設定しておくと振動して勝手に「この部屋は○○が展示されており〜」とアプリが画像で説明してくれるよ!この画像じゃなくて本物見たいからじっくりその辺はアプリの方は見てないけど、これで迷わないよ!次来たら一番最初にこれ起動しよう。
着物とか帯とかきれいなの
特別展は無理だけど本館でやってる特集とか常設展は一部撮影してもOKなのがうれしいです。
今回刃物撮るのわすれたけど。

そんなわけでたっぷりじっくり夕方17時過ぎまで本館に居り、そろそろ出ますか、と外に出たら雨も止んでいてこちらが始まっておりました。
プロジェクションマッピング的な 泣ぐ子はイネガー(違いますよ
本館の壁へのプロジェクション。大量に写真撮りましたわ。

そしてお向かいの上野公園の噴水の周りでは
今年も上野公園のあかりパークに
あかりをつかったアートな作品たちが。
写真は撮ってないけどステージもあってこの時はマリンバの演奏が響いてました。

噴水が盛り上がってる写真をとりたくて噴水待ちしてたらその間にまた雨がぽつぽつと降ってきてしまいました。
最近ずっと調子が良かった母の足もさすがに疲れたのか不調となってきたようなのでもう夕飯を食べて帰ろうということになり移動してご飯食べて帰途につきました。

結構満足な一日でした。
国宝展だけだったら人も多かったしちょっとアレだったけど本館の展示も結構見れたし、一時雨が止んでプロジェクションとか明かりがきれいな展示とか見られたのでよかったです。
本当は北斎展や科学博物館も周りたかったけどさすがに無理だわね。
とにかく国立博物館が見るもの多いし、広いし、で博物館メインな場合は他は無理。
ほんと今度平日休み取って開館から閉館まで居るってのをやりたいわ。



posted by あむか at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

おおブレネリ

昨日は仕事帰りに母と待ち合わせて国立新美術館に行きました。
今日はこれ
チューリヒ美術館展にいきました。
シャガールとマグリットとダリがいっぺんに見られるなんて!ということで行きました。
そうです、ワタクシこの3人の絵も好きなのです。
ここんとこ見たの印象派ばっかりだったからね。少し違うものも見たくなっておりました。

来てる絵の数が74点という数なのですけども混んでないしゆったり見れてよかったです。
やっぱり印象派の絵もあったわけですが前ほど嫌いじゃないよ。いやもともと嫌いってわけでもないけども。特別好きでもないけども。
この画家はこの絵、この画家はこれって感じでわかりやすくてね。これ読んでる人はさっぱりでしょうけども。
わかりやすい絵画展でした。うん。
時代を追って展示されてるんですがキュビズム以降が楽しかったです。満足。

見終わったあと、チューリヒ美術館展のグッズを見て、美術館内のミュージアムショップを見て。
私ここの美術館好きなのですよ。その理由の一つにミュージアムショップがあります。
置いてあるものとかフロアの雰囲気とか好きでしてね。
で、昨日買ったものは
今日のお買い物。今日の展覧会と関係ない鳥獣戯画のグッズが買えたのがうれしい
チューリヒ美術館展では絵葉書4店。
クレーとシャガール2枚とダリ。ダリは1枚しか来てなかったので1枚。でも私ダリだったら他の絵の方が好きだけどね。でもこれが来てたから仕方ないよね
シャガールは何枚かきてたけどこの2点を。シャガールの青系の絵が好きです。
あとクレー。これかわいかったのさー。写真じゃわからないけど狩人がいるの。かわいいの。
手前の鳥獣戯画のグッズは美術館内のミュージアムショップで。
ワタクシ鳥獣戯画モノも大好きでして、以前からこのミュージアムショップに並んでるのをみていいなあと思っておったのです。
それで昨日やっと買うことにしまして。お茶と懐紙。
懐紙はちょっと使いたいなということがあるのでそれ用に。

そのあとご飯でも食べようと乗り換えの点から考え丸の内に出ることにしました。
金曜だからどこも混んでるかしらと思ったので入れそうなとこに入っちゃいましょうと適当な店に入りましてビール。
母も私もビール好き。なのでビール。そのあと私はキウイのお酒。キウイフルーツを使ったのお酒が好きなの。
鉄板焼き屋さんだったようで串ものも鉄板で焼いて出してくれるところでした。おいしかったよ。

そしてゆったり帰りましょうぜとグリーン車に乗ったわけですが、後から乗ってきた乗客が60代くらいのおっさん50代くらいのおばさん4人組でお酒飲んだ帰りらしくすごくうるさくて。
さらに車内でも飲み始めてほんとうるさくてね。がっかり。
なんか俳句とか言ってたからそういうグループだったっぽいんだけど、そんなじゃ全然風情とか感じられないじゃない。
俳句は詠めても空気は読めないんだなと思いました(だれうま



posted by あむか at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする