2017年05月13日

GW鑑賞記 その3

もう1週間経つけどね。
連休明け、連休疲れもあってか全然起きてられませんでした。
家に帰ってご飯食べて翌日の準備すますと寝てる日々でしたよ。
なので鑑賞記が遅れました。というかいつもこんな感じか。じゃ、いっか(笑)

ということで5/5に行ってきましたNieR:Automataのコンサート「人形達ノ記憶」のことを。
私が行ったのは夜公演。
大阪で1公演、東京で4公演、出演キャストも毎日違うのでそれぞれ公演によって違う朗読劇が繰り広げられるということでどこに行くか悩みどころでしたが安元さん参加の回がいいなーなんて思って最終公演を第一希望でエントリーしたのでした。
そしたら運良くとれまして。しかも台本付きチケット。この朗読劇が全部入った台本です。
ニーア関連グッズで台本は結構おなじみな感じ。でもこれはうれしい。

以下ネタバレです。
ゲーム内のネタバレにも繋がっている可能性があります。
しかも重要な。
なのでプレイ予定がある方はスルーしてください。

あ、あとこの最終日の昼・夜公演はニコ生で配信があり21日まで売っているネットチケットを買えば視聴できます。行きたかったという方はこちらでもぜひ。





<セットリスト>
遺サレタ場所
遊園施設
砂塵ノ記憶

朗読劇 第一幕

穏ヤカナ眠リ
美シキ歌
曖昧ナ希望

朗読劇 第二幕

イニシエノウタ/贖罪
パスカル
終ワリノ音

朗読劇 第三幕

顕現シタ異物
「塔」
双極ノ悪夢
追悼

朗読劇 第四幕

Weight of the World

―アンコール―

カイネ
Ashes of Dreams
Weight of the World/the End of YoRHa

出演声優さんは2B役の石川由依さん、ポッド042役の安元洋貴さん、ポッド153役のあきやまようこさん。
演奏は去年のコンサートでも演奏された土屋玲子カルテットのみなさんとギターが後藤貴徳さん、ピアノがMONACAの帆足圭吾さん。
歌はニーアシリーズといえばこの方、エミ・エヴァンスさんとオートマタから参加のジュニーク・ニコールさんと河野万里奈さん、「パスカル」の曲では石井咲希ちゃんが登場し歌ってくれました。

演奏とともに後ろのスクリーンに映像が流れるのですがこれがまた感情を高ぶらせます。
3日のFF15のピアノコンサートのように邪魔しない映像が流れてるのもそれはそれでいいのですが、こういったがっつりゲーム映像流してくれるのもまたこれはこれでよいですよね。

演奏が始まった時から鳥肌が立つような素敵な演奏でそれとともに映像が相まって何度も泣きそうになったのですが、デボル・ポポルの「イニシエノウタ/贖罪」であむかさん涙腺崩壊。
前作「レプリカント」でのデボポポの映像と今作のデボポポの映像とが編集されており「贖罪」をより引き立たせていました。
「レプリカント」はいけません。やはり「レプリカント」に思い入れが深いのでそれと交わらされてしまうとダメなんだってば。
そんなぐわーんとくらったダメージを次の「パスカル」の微笑ましさでちょっと回復させて。
本当は手拍子2パターンなのにどうしても1パターンになっちゃうのが残念でしたけども(笑)

朗読劇の内容がすごいものでした。
エンディング後のおはなし。
死んだ2Bがポッドたちによって再構築され目覚めたけれど9Sが目覚めず、9Sを起こそうと試みるも、9Sの自我データが喪失しており9Sは目覚めない。
ジャッカスからの情報を得て一縷の望みにかけて再起動を試す・・・といった内容。
何度も何度も修復用ワクチンを注入するのだけど9Sは起きず。
もうだめか、やはり9Sは・・・と客席がみんなそう思ったときステージ下手から9S役の花江夏樹さん登場。
「え!」「うそだろ・・・!」「まじか」といったような空気が一斉に客席に流れましたよ。
なぜなら花江さんは夜の分の出演キャストに名前がなかったのです。そう、サプライズゲスト。
ほんとびっくりした。
つまり9Sが再起動し一緒に居られる世界が2Bにもたらされました。
ものすごくハッピーエンドだよ!どうしたの、ヨコオさん!と誰もが思ったに違いありません(笑)
最後の挨拶で花江くんが「これで2BにTシャツを買ってあげられます」と言ってたところで客席「ウッ(´;ω;`)」
本当に本当によかったね、2B。
泣けた。本当によかった。

コンサートも本編が終わってアンコールが始まり1曲目がカイネ。
もーだから「レプリカント」はダメなんですって。またも泣く。
レプリカントは本当に悲しかったのです。
カイネ、エミール、ニーアのそれぞれの想いを思い出して泣く。
会場もすすり泣きの声がすごかったです。
そして2曲目に「レプリカント」エンディング曲「Ashes of Dreams」
これも悲しい。これ最近聞くと詩の内容でちょっとFF15も思い出すよ。ちょっと違うけどね。
そんな悲しい思い出に包まれたあとラストの曲「Weight of the World/the End of YoRHa」
サビ部分で会場も一緒に「ラララ」と合唱。
2B、9Sよかったねと思いながら去っていった機械生命体やアンドロイドたちを思う。アダムとイヴにもうすこし出番がほしかったよね、とアダムイヴスキーは思う。

とにかくすごいしか書けない語彙力のなさ。
あんな展開待ってるとは思わなかったから。
台本、家に帰ってから読みましたがラストほんとに違うから。悲しい終わりだから(でもあれはあれでいいのだけどね)
前回のトーク&ライブ形式も楽しかったですが今回の朗読劇&ライブはゲームの世界観がそのまま味わえて緊張感のあるライブでした。一幕ごとにどんな展開が待ってるかわからないからね。ドキドキしながら曲を聴いて映像見てお芝居聴いてうわーっとなって。
いろんな感情が湧き上がったコンサートでした。

最後、客出しのアナウンスで2Bが9Sのことを「ナインズ」と呼んだのがかわいかったですね。
さらっと「ナインズ」言ったよ!
しかもこれは石川さんのアドリブだったそうで。さすがです。
客席も湧いてました。
ほんと一緒にデパートでTシャツ買いに行ってほしい。そしてそれをドラマCD化してくださいお願いします。

会場内にはゲーム絵の展示やフィギュア原型の展示などもありました。
20170505003.jpg 20170505004.jpg

20170505006.jpg 20170505005.jpg
こちらは台本と裏に曲目が書いてあるフライヤー、買い求めたグッズ(パンフとバッジセット)

今回もこのコンサートは大人気でチケット入手が難しかったようです。
そんななか台本付きチケットが買えてラッキーでした。ありがたい。
ニーア関連ならもうすこし大きいハコでも大丈夫だと思うよ!
またぜひこのようなコンサートをやってほしいです。次は何度も言うけどぜひオケで。
そして次は中川さんも入れての歌姫勢ぞろいな会でありますように。

あとたしかピアノ譜も今作でも出るとか仰ってたよね。もちろん買いますよ。

月オケさんの時もそうだったけど本当に愛にあふれたコンサートでした。
ファンとアーティストと声優さんとゲームを作ってくれた方々とみんなでニーア愛を共有できた素敵な時間でした。いい時間でした。


そんなわけであっという間に過ぎたGWだったのでした。
ゲームコンサートの開催はうれしいよね。いろんなコンサートが開催されるといいなあ。

posted by あむか at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449848443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック