2017年05月07日

GW鑑賞記 その1

気づけばGW最終日でしたね。早いわー。あっという間でしたなー。
でも充実した連休でした。

3〜5日まで予定が入っておりました。
3日がFF15のピアノコンサート、
4日が昼間がる・ひまわりの「TARO URASHIMA」上映会、夜が毎年恒例ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、
5日が前日同様ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンとNieR:Automataコンサート
といったスケジュールでした。
FFのピアノコンサートとNieRのコンサートは個別に書くのでここでは「TARO URASHIMA」上映会とラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの感想をざざっと。

まず「TARO URASHIMA」。
こちらは去年上演されたご存知浦島太郎のおはなしを元にしたミュージカル。
る・ひまわりさん制作の面白演劇です。
上演当時、気にはなるんだけど推しも出ないしうーん、と行かなかった演目です。
でも脚本池鉄さんだしね。面白いだろうなあ。上映会あったらいいなあ、と思ってたらやっとこのGWで上映会開催ということで行ってきました。
上映会前に出演者である木村了さん、上原多香子さん、辻本祐樹さん、滝口幸広さんのトークショーがありました。
まさかの木村さん司会。木村さん「俺司会ってどうしたらいいだろうってこの前の公演中ずっとたっきーに相談してたよね」
そうそう、木村さんと滝口さんは「犬夜叉」で共演されててね。私観に行ったね。偶然だね。
4人で面白トークを30分くらい?してくださいましたよ。
「TARO URASHIMA」は浦島太郎な話をハッピーエンドにした感じ。
昔話には出てこない悪役などもいて面白かったです。ハッピーエンドでよかったねって。
あの頃の滝口さん、太ってたね(笑) ちょっとびっくりしました。
上原さんの乙姫がかわいくてねえ。乙姫姿似合ってた。
ミュージカルって割にはちょっと歌少なめかなとは思ったけどでもちゃんとミュージカルでおなじみな俳優さんもいたので歌も聴かせるところは聴かせてくれて。
舘方ヒロさんが舘方ヒロさんで素敵だったなあ(なんだその感想)
あとアくん。コルステ千秋さましかみたことなかったのですがアくんかわいかった。
上映前にちょっとだけるひまの過去上演の一部がながれたのですが2013年に上演された「どりーむジャンボ宝ぶね」のショー部分がちょっとだけながれましてね、円盤化もしくは上映会やってくれーと思いました(主演と出演に某事務所な方がいるのでたぶん権利がいろいろうるさいのであろう、円盤化も上映会もいまだにされていない)
今年もるひまさん、年末公演されるようです。誰が出るのかなー。

そしてラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン。
今年も来たよラフォルジュルネオジャポン。とりあえずビールとサテ
4日と5日を1公演ずつ。
4日は21:45開演のコンサート。
この前にるひま上映会に行ったわけですがるひまの上映会が11時から14時半くらいまででしたのでそこからの長い時間つぶしがどうなることやらと思ってたんですがあっちこっち移動して結局漫画喫茶に3時間ほど滞在し、開場一時間前くらいに母と待ち合わせて向かいました。
曲目はストラヴィンスキーのバレエ「火の鳥」組曲(1919年版)とラヴェルのボレロ。
ボレロの方はオケにジャズピアニストの小曽根真さんとトランペッターのエリック宮城さんが加わっての
小曽根スペシャルだそうで、母が小曽根さんのファンなので今年もこちらのチケットを取りました。
小曽根さんは5日にもう1公演あったのだけどそっちはチケットが取れませんでした。
もう幾度となく国際フォーラムには来てますがたぶん歴代3位くらいの前方列でした。おかげで小曽根さんの手元が見えまして。でも斜め下から見る感じなのでステージ横のスクリーン見たけどね。映像の方が真上から撮ってたりするので手が見やすかったりしたし。
ボレロ、私は好きなのですが地味ではあるんですよ。ずっと同じリズムで同じメロディーが増えてくだけ、って言ったらそういう感じなので。
でも小曽根さんのピアノと宮城さんのトランペット(しかもややジャジー)が入ったら華やかさが増してこれはこれでまたありだねと。素敵でした。

5日の方は
デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
サン=サーンス:死の舞踏 op.40
ラヴェル:ボレロ
これは完全に「死の舞踏」目当てです。
今回テーマが「ラ・ダンス」ということできっとどこかがやってくれるに違いないと思ってたのですよ。
「死の舞踏」と言ったらアレです。
金色のコルダ3・4で神南高校の3人が華やかに演奏している曲ですよ。そりゃ聴きたいじゃないですか!
ということでチケットを取りました。
いやーいいね「死の舞踏」。サン=サーンスは美しいね。そういえば去年は「動物の謝肉祭」聴いたよね。あれも小曽根さんスペシャルみたいなのだったね。
そしたら前日小曽根スペシャルの時のオケだったのでこの日もボレロを。この日のは普通の正統派ボレロ。
ボレロはやはりスネアがかっこいいですね。
あとこのオケのパーカッションに美女がひとりいらしてね。素敵でした。
どうしてもパーカッション出身だから見ちゃうよね、気になっちゃうよね。

本当はバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ」もチケット取ろうと思ってたの。これもコルダのミョーガさんが弾く曲。でも気づいたら売り切れてました。残念。
ということで今回のクラシックの祭典は2公演楽しみました。
食事も楽しんだよ!
20170504001.JPG 20170505001.JPG 20170505002.JPG
4日はビールとサテを。昼ごはん食べたの遅かったからビールですでにおなかいっぱいでした。
5日は帝国ホテルの出店のランチメニューと夜はバターチキンカレー。
外でビール飲みながら食べるとなんでもおいしいよね(笑)

そんなわけで今年も楽しみました。
また来年。何がテーマになるかな。


posted by あむか at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449678389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック