2017年01月22日

ネタバレしかしていない感想

FF15をクリアしてのネタバレを大いに含む感想です。
ラストに関することもバッチリ書いてあるのでプレイ中の方、これからやろうとしている方は見ない方がいいです。
画像もいっぱい貼ってるのでますます見ない方がいいと思います。

とか言って「結構あむかさん『ネタバレしてるよ』っていう割には思ったほどでもないよねー」なんて思われて見ようとされてる方もいらっしゃるかもしれませんが、今回は本当にバッチリ書いてるからね。
ストーリー全部書いてるよ。
クリアしてないなら見ない方がいいということを本気で書いておきますよ。

ゲームに付随して映画の「キングスグレイブ」やアニメ「ブラザーフッド」のネタバレも含まれます。
こちらも未見の方、ご注意です。

それでも見ちゃう、って方。
いいけどさ、いいけど。自己責任でよろしくね。

(もんのすごい長文になりました。ご了承ください)






ただただだらだらと思ったこととか振り返りながら書きますよ。



FINAL FANTASY XV_20170115164839.jpg
82時間でレベル62でした。ノーマルモードでプレイしてました。
写真は最後に撮ったこの写真を。みんな笑って写っていたから。

世間ではいろいろと批評もされているこの作品ですが、以前も書きましたが私は好きでした。
楽しませてもらいました。

最初、旅が始まったけどストーリーを進めず、1章を「もういいかな」ってくらいやり、やっとお話を進めました。
そしたら例の王都襲撃じゃないですか。映画の部分。
王子がこんなのんきにモブハントとかしてた裏側で映画のあの戦いがあったわけですよ。いろいろと感慨深いね。
それでもまだのんきな気分で広く移動できるようになってまたサブクエとモブハントの日々。
イグニスのレシピを集めたくてやたらレストランで食事をし、食材を探し、釣り場を見つければ日が暮れるまで釣りをして、一日の終わりをプロンプトの写真を見て締めて。
このただの「旅の日常」を積み重ねていたことが後々感情に影響をこんなに与えるとは全然思ってもみなかったです。

誰が見ても「初めて会った時から怪しいと思っていました」なアーデンに案内されてタイタンと戦ったり、無くなったレガリアを取り戻したり、木を触ってラムウが呼べるようになったり、イリスと5人でドライブしたり、グラディオがどっかいっちゃったから3人で旅してたまにアラネア姉さんに入ってもらったり。
ストーリーを進めては自由行動できるようになればまたあっちこっち行ったり過ごしてて、グラディオも帰ってきて、オルティシアでルナフレーナ様にあえるよってのにやっぱりいつもどおり旅を楽しんで。

そろそろノクトをルナフレーナ様にあわせてあげよう、そう思ったのが悲劇の始まり(いや、最初から決まってたから)
私はただ二人を会わせてあげたかった。
旅してちょっとだけたくましくなったノクトをルーナに見せてあげたかった。
神凪の巫女として頑張っているルーナにノクトからねぎらいの言葉をかけてあげてほしかった。
二人で今までの旅の話とかこれからの話とかいろんなことを話してほしかった。
だからオルティシアに向かったのにルーナとのまさかの永遠の別れ。
おまけにイグニスが視力喪失。
王である父を亡くし、国を攻められ、これから一緒に歩いていこうとしていたフィアンセを亡くし、大事な仲間の一人は目が見えなくなってる。
そりゃいくら王子とはいえノクトも人間。しかもまだ20歳。
状況からどういう対応をしなきゃならないかもわかってはいるけど心がついていかないよ。
しゃっきりしないノクトに対しグラディオのイライラが爆発。
考えてみればグラディオだって王都襲撃でお父さんを亡くしてるわけです。
「王の盾」として王様に仕える一族ですから、王様が亡くなったとなれば仕えるお父さんだって無事ではないのは明らか。
そして仲間であるイグニスも目が見えなくなる大怪我を負って、グラディオだってやりきれない思いが募ったのでしょう。そりゃ王子に自覚を持ってほしいとも思っちゃうでしょう。
思い出せばそんなに目が悪いわけじゃないけどはっきり見たいからメガネかけてる的なことを最初の方に言ってたイグニス。
そんな彼が全く目が見えなくなるんだからイグニスだって相当なストレスでしょう。
もうあんなに楽しく旅してたのにどうしてこうなった・・・ってくらい暗いつらい展開。
プレイしてて先を進めたくなくなる私。
でも進めるしかない状況。

そしてこの辺りからの物語の展開が早い。
大人の事情を察してしまうのですが確かにもうちょっといろんな描写がほしかったなあ。
追々DLCで追加配信もあるようですが、そうじゃなくてちゃんと組み込んで発売してほしかったのが正直なところ。

目が見えなくなったイグニスを連れて鉱山登ってちょっと走ればグラディオに「気を遣え」と怒られ、気を遣ってゆっくり歩けばイグニスが躓いてるのをプロンプトが助けてたりするのを目にする道中。つらい。
イグニスの機転でモルボル倒してイグニスの思いを聞いてやっとちょっともとに戻る4人だけど今度はプロンプトが行方不明に。たぶんアーデンのしわざ。どんどん「アーデンの野郎・・・!」ってなってく私。
ルーナの故郷テネブラエに着くもお城?は燃えてるし人々は憔悴してるし。
ばあやさんの話によるとプライナも死んでしまったらしい。プロンプトと再開させてあげたかった・・・
駅で女の子に「ノクトさまがかっこよくてよかった」って言われるのが嬉しいけどせつない。きれいなルーナのドレス姿とかっこいいノクトのツーショットをこの子にも見せてあげたかった。
そして列車に乗ってあなただったのか!というシヴァに会って列車がまた襲われて止まってレガリアとの別れ。
とうとう父の形見といってもいい車ともお別れ。もうやだー。
爆発のせいでイグニスとグラディオとも別行動。武器もだせない。「アーデンの野郎・・・!」
指輪を嵌めるしかなくなる王子。
結構ここでいろいろ言われてるようですが、嵌めざるを得なくなった状況でってのもまあノクトらしいじゃないのって(笑)
嵌めるんだから覚悟は固まったんだよ。うん。

そして始まるバイオハザード風ステージ。ホラーがだめな私はバイオはだめなわけですがここでは「これはFF。これはファンタジー」と強く思って進めたためか大丈夫でした(笑)
時折びっくりはしましたけども。
もうほぼパワープレイでした。途中バグなのかしら突撃兵?に攻撃があたらなくなって先に進めない?なんてことがあってワタワタしたこともありました。ダメ元で何かの魔法発動させたら行けたけども。
一人はさみしいし、武器も使えないし、なんかめんどくさいし。
いろんな文献もあちらこちらにバラバラしててこんな状況だから頭にもちゃんと入ってこない。
先に進んだらレイヴス死んでるし。なんで?って。ほんと展開が急。
でもお父さんの剣がそばにあったおかげでこれでちょっと戦闘での不自由さ解消。
奥に進んでやっとイグニスとグラディオと合流できて、さらにプロンプトも助けてさあエレベーターへ、となったらなんかプロンプトが出生を告白。だから展開が急。
そして「で?」っていう。3人も私と同じ気持ちだったようです。
先に行くと死んだはずのレイヴスがシガイになって出てくる。かわいそうだな、この人。この人のことももうちょっと知りたかったね。あとで追加されるようですが。
倒して先に進めばまた敵。
「お前は先に行け」ってもうやだその死亡フラグ。でも言われたとおりにしなきゃなので一人で先に進むノクト。
先に進んでクリスタルを見つけたら取り込まれちゃうノクト。えー。
バハムートから話を聞くわけだけどなんかもうよくわからなくなってくる私。
とりあえず「アーデンの野郎・・・!」ってなってた。
つまりは真の王でないとアーデンは倒せなくて、真の王になるにはクリスタルの中で10年眠って力を蓄えてなきゃいけない。自分の命を捧げて歴代の王の力を得てアーデンを倒せということでした。
お父さん死んじゃって気持ちの整理のつかぬまま王になってやっと受け入れたら今度は命を捧げろってか。なんてこと。
でももうクリスタルの中だしどうにもならないじゃーん、ってことあっという間に10年後。
ノクトが老けた。ああそういうことなのか。
真っ暗な世界をまた一人ぼっちで(アンブラもいるけど)戦いながらハンマーヘッドへ。途中で拾ってくれた少年がタルコットでたくましくなったねーって。車の中にサボテンダーの置物飾っててくれて嬉しくなりました。
そしてハンマーヘッドについて久々の仲間たちとの再会。
「あの衣装を着る時が来たかー」とそれぞれ王の衣装と王の剣の衣装にチェンジ。かっこいいわねー。
最後のキャンプしていざ王都。
モブ敵が強かったよ。モブって言っていいのかわらかないけど。だからそんなに探索せずにさっさと目的地に向かってしまいましたよ。
この辺は周回で探ろうと思いました。

あと衣装がかっこいいからこれで撮影しておきたいよね、と思い宿泊施設でアンブラの力を借りて過去のルシスに戻ってちょっと写真クエをやったりしました。
ほかにもちゃちゃーっとサブクエでも、とも思ってたんだけどでもさ、結局現実はああなわけ。過去に戻っても結局現実が待ってるわけ。
何にも考えず呑気にモブハントとかしてた頃には戻れないわけ。気持ち的にも。
なので写真クエだけやって現実へ。
その時に撮った写真たちがこちら。
FINAL FANTASY XV_20170117210342.jpg FINAL FANTASY XV_20170117210350.jpg
ゲンティアナさんが写り込んでたりハレーション起こしてたり。
若い時だとノクトの衣装は若干着せられてる感が(笑)

ちなみに現実の時の衣装着用との比較しようと思って撮った写真がこちら。
FINAL FANTASY XV_20170115145401.jpg FINAL FANTASY XV_20170112223455.jpg FINAL FANTASY XV_20170115145314.jpg
プロンプトはあごひげ増えただけであんまりかわらないよね。てかあごひげ剃りなよーって。その方が君はかわいいよー。
イグニスとグラディオはさらに貫禄が出た感じ。
若い頃の服だとやっぱりおっさん感がすごいノクト(笑)

そんなこんなで現実に戻って
イフリートとの戦闘。ああこれが最初の、となりました。
つまりはここまでの思い出だったのだね。
そしてラストが近づいてるのを感じてどんどん悲しくなってくる私。
城の中に入って王座の間に入る前に「写真を一枚持っていきたい」とノクト。
これかー。写真ネタがあることはうすうすわかってたけど一枚選ぶのがつらい。
写真を見ていくと仲間たちもコメントしてくれて。
私いろんなのを試してみたんです。
そしたら景色だとプロンプトが撮ったからかプロンプトが写ってると認識されて「俺しか写ってないけどいいの?」とか言われました。
あとアラネアさんだとプロンプトが「あー。わかりますわかります」と(笑)
おそらくシドニーとかもこの手のコメントなのでは(シドニーの試さなかったー!)
イリスちゃんだとグラディオが「妹だけのを選んでくれてありがとう」的なことを言ってくれた気がする。
レガリアが写ってれば「いい車だったな」とか、手を止めてると「手が止まってるな。その写真が気になるのか」とイグニスが言ったり(見えないから気配で感じてるんだね)
もう涙涙。ほんとに楽しい旅だったんだよ。写真効果すごい。
で、クリア認定証の写真と悩んだ写真がこれら。
FINAL FANTASY XV_20170117210100.jpg
グラディオさんがかぶっちゃってますー。残念!
FINAL FANTASY XV_20170117210120.jpg
イグニスさんの腕がガラスを突き抜けていますー。残念。
FINAL FANTASY XV_20170117210300.jpg
イリスちゃんもいてみんなラフスタイルでオフ感出てるけどノクトさんが笑顔じゃない。残念!

それでほんとのほんとに最後までどっちにしようと悩んだ一枚がこれ。
FINAL FANTASY XV_20170117210357.jpg
みんな自然な感じで青空で。ほんとはこれにしたかった。
だけどそう、衣装が王と王の剣の衣装。この「過去に戻る」感覚がゲーム内の彼らではどういうことになってるのかがよくわからないのだけど、現実から過去に来てるのが私にはわかっている。
私の中ではそれはもう過去じゃなくてただ足を止めてるだけ。
「王座につく」と決めたノクトがこんな戻ってウロウロしててはだめじゃん、という気持ちに私はなってしまっていたのでその証拠となってしまう王と王の剣の衣装を着てる姿を最後に持っていく一枚にするのは違うと泣く泣く外しました。
そう、こんな風に真剣に考えて選んでしまうほどに私は彼らに気持ちを入れ込んでしまっていたのだよ。

写真を選んでいざアーデンと対決。「1対1で」ということなのでしょう。なんかされて動けなくなっちゃう王の剣3人。「アーデンの野郎・・・!」
これまたパワープレイで推した気がします。
倒れたアーデン。しかしまだノクトの仕事は終わってない。
合流する王の剣3人。
「行ってくる」とノクト。
「どうかご無事で。陛下」とイグニス。
どういうことでこの世界が救われるのかわかってる。でも無事でいてほしい。そんな思いがせつない。

王座について歴代の王から力をもらうノクト。ぐっさり。つらい。
すると異次元風なところに飛んで歴代王の力を使ってアーデンにトドメを刺します。
消えるアーデン。消える指輪。消えるノクト。明ける夜。
えー。ノクトがせつなすぎる。

オープニングの会話が流れてSTAND BY MEが流れてその背景にプロンプトが撮った写真が流れます。
号泣。写真やばい。ほんと私の思い出にもなってる。

そして最後のキャンプのシーンが。
父王と旅したシドが言ってた「仲間を頼れ」「話してくれないとつらい」というのをうけてでしょう。
思ってることを言おうとするノクト。でもなかなかうまく言葉が出てこない。
覚悟は決めてきた。自分が真の王の力を使えば世界は救える。わかってる。
でも旅してきてた仲間たちとの別れはつらい。死ぬのはつらい。
「やっぱつれぇわ」
また泣く私。
そりゃそうだよ。プロンプトも同じこと言ってた。
いろいろあっていきなり10年間眠らされて。起きてみたら真っ暗。自分が死ななきゃ救えない世界。どう考えても精神年齢は20のままでしょうし。
不遇な子ノクト。つれぇわ。

そして流れるスタッフロール。
開けて始まるエンドムービー。
私が選んだ最後の写真を見て微笑むウエディングドレス姿のルーナと礼服姿のノクト。
おそらく死後の世界とかなんでしょう。
違うの。現実の世界でのこの姿が見たかったよ。また号泣。
変な写真選ばなくてよかった。
父王のセリフ「ノクトに指輪を届けてくれてありがとうルーナ」というようなのがあったんだけど、そうだよ!ルーナ(映画で)頑張ったんだよ!
ニックスとリベルトとまた会おうって約束もしたのに。
ほんと悲劇なヒロイン。

でも最後二人寄り添えてよかったね。
タイトル絵が変わるのもまた感動。
泣いた。

ということで十分に楽しんだ私でしたよ。
概ね評判の悪いFFでも楽しんじゃう私。信者だからな。
途中でも書きましたが後半の急展開・説明不足感は否めないし、あんなに魅力的なキャラクターがいっぱいいるのにいかんせん説明不足というか彫り込みが浅いというかその辺は残念でしたね。
今は便利ですなあ。DLCで補えばいいや、ってのができるから。
そうじゃなくてさ、と思うんだけどね。
まあ買いますけど。すでにホリディパック買ってますけど。
時間が足りなかったのかなー。ヴェルサスから15に変わったりでロスタイムが影響しちゃったのかなーなんて勘ぐっちゃうよね。

オルティシエの周りを(街中ではなく)自由に歩けるようになったりしないかなーと思ってたんだけdなかったね。水の街なので歩けませんけども。

あと別記事で書きましたがロードは長いです。ファストトラベルもファストじゃない。
途中から慣れっこになって別のことやったりする時間にあててました。PS4でこれだけ時間かかるんだからもしPS3だったらと考えるとゾッとするね。

意外とトロフィー埋めるのが楽。
なんでしょう、ここんとこコーエーさんの「それ無理でしょ」なトロフィーに接することが多かったからか割とホイホイトロフィー取れる気が。
普通なら「魚コンプ」「料理コンプ」とかありそうだけどそういうのはない。トロコン出来そうな予感。

何度も書くけど写真システムがよい。自分が旅してる気分にもなれたしプロンプトかわいいってなります。
なんでこんなの撮ってるの?とかどれ撮りたかったの?とかフィルターちがくね?とかいろいろ。
今後このブログではプロンプトの撮った写真を上げるだけの記事が載ると思います。それくらい楽しい。
今度プリントアウトもしてみる。せっかくなのでそういう楽しみ方もするよ。

物語が星の病気とかいいだすから7を思い出しました。あの話も悲しいけどまだ希望があった(クライシスコアは悲しすぎるけどな)
今回はホントつらい物語でした。
とりあえずストーリーはエンディング見てケリがついたのでそろそろやり込みに入ろうと思います。
ちょっとロスってやっぱりすぐにはできなかったよ。ええ。
24日からはモグチョコカーニバル始まるしね!
またのんきで楽しい旅を始めようと思います。
2周目じゃなくて15章ね。
2周目は追加配信が揃ってからにしようかなと思いました。いつの日?

そんなわけで長々とありがとう&お疲れ様でした。
話はつらいけど、私はたのしんだよ!


ラベル:FF15 FF関連
posted by あむか at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クリアした感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック