2016年11月06日

予習復習は入念に

実は4連休中でした。イエーイ。
仕事がちょっと暇になりそうだったので休みたいなーなんて思ってたら同僚お姉様が「金曜休んじゃって連休にしちゃえば」と行ってくださいました。
私あんまり休日と休日の間の平日を休んで連休にするってことをしないのでこれが大変嬉しくて。
これといって予定はないんですがそれはそれでゲームできるからね。
それでも金曜はちょっとでかけましたけどもね。
でも概ね家ですごしていました。ゲーム休暇万歳。

12月のコルステに備えてコルダ3本編のおさらいもしたいよね、と思ってPSP版の一番最初に出たコルダ3をPSP本体に入れたんです。
内容半分位覚えてないので(笑)どんなだったかなーと思って「想い出」(ゲーム内で見たスチルとかイベントとか振り返れるコンテンツ)を見たんです。
そしたらあらびっくり、スチル全部埋まってないの(笑)
といってもほとんど埋まってるけど5キャラくらいが1枚ずつ抜けてたり、それだからそのキャラのイベントも全部うまってなかったり。
というかほんと3無印のキャラのスチル数のバラつきには今更ですが笑えますね。
土岐さん4枚だよ!一番多い新が11枚。一番少ないのは八木沢部長と火積で3枚。同スチル差分があるにしても土岐さんそんなにスタッフに人気無かったの?(笑)

そんなこんなで「じゃあやりなおすなら一番いい状態のものでやりなおしたらいいんじゃない?」という考えに至ってしまい、買ってしまいました。
2016110501.jpg
3DSソフト「金色のコルダ3 フルボイスSpecial」
3無印が出た3年半後にPSP版でフルボイスが発売されまして、さらにその半年後に3DSでもフルボイスが出たんですね。
フルボイスだと追加イベントが入ってるし、3DS版だとさらに追加スチル・追加曲があるというのでもうこれは買うしかないと。
しかし普通に中古で買ってしまったんですがなんと初期化できないソフトでした・・・
でも幸い前の持ち主は律にしか興味がなかったようで律さんルートだけやったあと売りに出したようです。もったいない・・・面白いのに・・・
おかげで全キャラやろうとしている私には助かります。もう内容ほとんど忘れてるんで当分既読スキップつかわないけどさ。

WVW69jx2kbco3vBswm.jpg

WVW69jx2lO84xOTS1Y.jpg
3DSの表示はこんな感じ。
選択があるときは下画面に選択肢がでます。

で、3DS版で驚いたことはまず画面の大きさ。大きい。
3DSLLでやってるからね。しかもここんとこアナスカ進めててPSPで遊んでたから余計画面の大きさを感じました。Vitaとそんなに大きさ変わらないよね、LLだと。
あと下画面がタッチパネルなのでそれもまあ操作しやすい。Vitaでやってる4もほぼタッチパネルでの操作が可能で始めた時感動したけども。
画面もね、Vitaほどキレイではないんだけどそれでも充分キレイ。Vitaがシャープなのに対し3DSはソフトな感じ。伝わりづらいけども。
ただ3DSLLなので重さはある。しかも私の3DSLL、がっちりとカバーがかかってるのでさらに重い。
でもこれでモンハンとかやってるからなー。直前にVitaとかPSPやってすぐ移ったりしない限りはそんなに気にならない。
なのでコルダ3をお持ちでない方、3DS版もオススメできますよ!(笑)
ただ普通サイズの3DS本体だとちょっと辛いかも。

そして同時進行している「Another Sky神南」が本当に楽しくてね。
あのね、私やっぱり土岐さんが一番好きなわけですよ。僅差で次に律さん。
で、その次が4初登場の須永先生、となるわけですが
推しが常にその辺にいる日常(いや、本編も割とその辺にいるけども)が楽しくて。
アナスカ神南は主人公が神南に編入する設定なのでまあ楽しい。
でもって神南の人以外の攻略キャラが星奏の律さんと大地先輩なのでこれまた楽しい。
今大地先輩を攻略していますが3本編ではっきりと語られなかったことの真相とかがわかる場面などがあって。どこまでが3本編の「真実」としてリンクしてるのかはわからないけども。
そしてやっぱりかっこいい千秋様。俺様キャラだけど言動に大変説得力がある。ほんと素敵。でも私は土岐さんを愛でますがね!
ねー、コーエーさん。もうVitaで移植しようよ。追加なくても買うからさあ。

そんなわけでもう今年いっぱいはコルダだね。確定だね。
合間にほかのゲームもやるけどさ。
コルステのある12月の約2週間は私はきっと萌え滾っていることであろうよ。ああ楽しみ。





posted by あむか at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入の記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック