2015年12月22日

12月アタマに行ったイベントの話

今更なのですが12月アタマに行ったネオロマイベントの話を。

12/5と6に行われたネオロマンス20周年記念イヤーのラストのイベント「ネオロマンス20thアニバーサリーフィナーレ」にいってきました。

2015120503.JPG 2015120501.JPG 2015120502.JPG
私が行ったのは5日の夜公演。
そもそもワタクシ、こちらの公演に行くつもりはありませんでした。
でもね、懸賞があったのですよ。チケットの当たる懸賞が。
それに応募してみましたらば当たりまして。
それでこのイベントに行けることになったのです。

ネオロマンスのイベントは遙かオンリーのイベントしか行ったことがなく、あとは今年の5月にあったネオロマンスの音楽をオーケストラで演奏するコンサートくらい。
一応ネオロマのゲームは「下天の華」以外はやっております。
なのでわりと対応できるかな、と思って行ったのですが、普通に楽しかったです。
今までネオロマのゲーム、とりあえずやっておいてよかったー(笑)

イベント内のドラマ自体は作品ごとだったりするのですがそれを紹介したりするくだりやちょっとしたコーナーは全キャラ入り混じってみんな旧知の仲みたいな感じ。
今回は近々にアンジェリークルトゥールの発売日が控えてたのでアンジェリークをちょっと推してた感じがしました。

ファミ通さんのレポはこちら

以下はセットリストと私の感想など。





セットリスト(公式より)
<開演前のご案内>
「天使の翼〜Carry on your dream〜」 アンフィニ(ユーキ、Kan)

<オープニング 〜イントロダクション〜>
ランディ(神奈延年)、アクラム(置鮎龍太郎)、榊 大地(内田夕夜)、マティアス(楠 大典)、百地尚光(檜山修之)

<オープニング>
出演者全員

<ライヴコーナー (1)>
1. 「時空ノ旅 悠久ノ恋」 コハク(阿部 敦)
2.「彩雨の揺り篭」 源 泉水(保志総一朗)
3.「憐涙の終止符(エピローグ)」 マティアス(楠 大典)
★コラボ:アクラム&織田信行(置鮎龍太郎&岡本寛志)

<ミュージックショー (1): 「アンジェリーク」>
●ブリッジドラマ(1)
チナミ(阿部 敦)、レイン(高橋広樹)、百地尚光(檜山修之)
●ミニドラマ(1)
ジュリアス(速水 奨)、ランディ(神奈延年)、オスカー(堀内賢雄)、エルンスト(森川智之)
4.「The Knight in The Light〜騎士道〜」 ジュリアス&オスカー(速水 奨&堀内賢雄)
●ブリッジドラマ(2)
ジュリアス(速水 奨)、オスカー(堀内賢雄)、チナミ(阿部 敦)、レイン(高橋広樹)、百地尚光(檜山修之)

<『金色のコルダ4』コーナー>
伊藤健太郎、内田夕夜
[司会]久遠 一

<商品告知コーナー>
アンフィニ(ユーキ、Kan)

<バラエティコーナー:「○×で大分析! 20th Question」>
堀内賢雄、森川智之、保志総一朗、竹本英史、伊藤健太郎、平川大輔
[司会]久遠 一
[アシスタント]アンフィニ(ユーキ、Kan)

<『アンジェリーク ルトゥール』コーナー>
速水 奨、神奈延年、堀内賢雄
[司会]久遠 一

<愛のメッセージ「Xmas present for you」>
ランディ(神奈延年)
白龍(置鮎龍太郎)
コハク(阿部 敦)
吉羅暁彦(内田夕夜)
レイン(高橋広樹)
竹中半兵衛(柿原徹也)

<ミュージックショー (2): 「遙かなる時空の中で6」>
●ブリッジドラマ(3)
平 敦盛(保志総一朗)、マティアス(楠 大典)、織田信行(岡本寛志)
●ミニドラマ(2)
コハク(阿部 敦)、本条政虎(竹本英史)
5.「TiGER」 本条政虎(竹本英史)
●ブリッジドラマ(4)
平 敦盛(保志総一朗)、コハク(阿部 敦)、マティアス(楠 大典)、織田信行(岡本寛志)

<ライヴコーナー (2)>
6. 「One day’s memory」 土浦梁太郎(伊藤健太郎)
7.「異次元飛行〜α to ω〜」 エルンスト(森川智之)
★コラボ:吉羅暁彦&百地尚光(内田夕夜&檜山修之)

<エンディング>
●ブリッジドラマ(5)
ランディ(神奈延年)、アクラム(置鮎龍太郎)、レイン(高橋広樹)、竹中半兵衛(柿原徹也)

●作品曲メドレー〜20周年記念曲
8.「君は独りじゃない〜ALWAYS〜」 /アンジェリーク
9.「遼遠の旅路を行け」 /遙かなる時空の中で
10.「BLUE SKY BLUE」 /金色のコルダ
11.「軌跡〜the brilliant days〜」 /ネオ アンジェリーク
12.「光射す未来へ」 /下天の華
13.「Eternal Kiss」/ネオロマンス20周年記念曲
出演者全員 

<アンコール>
14.「クリスマスの街角にて」 出演者全員

<終演後ナレーション>
ランディ(神奈延年)、永泉(保志総一朗)、レイン(高橋広樹)、ベルナール(平川大輔)

(イベント内のほとんどのキーボード:竹本隼也)

2時間半くらいの公演でした。盛り沢山。

相変わらず速水さんの声が良すぎて面白くなっちゃったり、平川さんの「僕はベルナール。見ての通りの新聞記者さ」でお約束の「どこがよ!」「わかんないよ!」のツッコミを見てる方も心で入れたり、女性に「お嬢さん」と声をかけるのがこの作品の影響という賢雄さんの言葉からの「保志さんが女性だとしてどう口説きますか?」という寸劇「ぱっぴーお嬢さん」とか、遙か6ドラマ内でのコハクのルードくんモノマネがすごく似ていたり、前回の遙か祭と引き続き政虎たけぽんの「TiGER」が聞けてうれしかったり、「愛のメッセージ」でのコルダ吉羅さんの大人のずるさがかっこよかったり、白龍おっきーのセリフで会場が「キャー♥」となってて白龍の人気を感じたり、まさかネオロマで生檜山さんが見れるとは、とか、阿部くんが意外と肩・腕の筋肉が逞しかったり、ぱっぴーって昔からあんなだっけ?と不安になったり、カッキーはやっぱりかわいいなあ、たけぽんはネオロマに慣れてきたなあ、などなどほんと面白かったです。

コルダ4が面白そうでしたねえー。これは買ってしまうかもしれんですよ。アナザースカイ買ってないけど(笑)
あとネオアンジェリークがオトメイトとコラボで出るとか。オトメイトと共同だといいイメージがあまりないのですが。ちゃんといい作品になることを願っておりますよ。
それから下天の華もゲームで新展開があるとか。Vitaで出る、って言ってたから続編ないしFDってことですよね。ぜひ旧作もVitaにおねがいします。

おそらく私が座った前後1〜2列が招待席エリアだったみたいなのですがその辺りガラッガラでした。
私の左席1つあけて隣に座っていた女の子たちはたぶんチケット購入組。
なので私の左隣から右へ7席くらい?×3〜5列がたぶん招待エリアと思われるのだけど全然人がいなくて。
私、ホントはずっと座ってゆっくり見てようと思ってたんですがちょっとあまりにもさみしいしなんか「招待客が・・・」なんて思われても嫌なのでちゃんとライブ時は立って楽しませていただきましたよ。
あんなに招待席いるのかしら・・・来ないなら一般に売ったらいいじゃない。いい位置だよあそこ。
あとネオロマはイベントやりすぎだと思います。もっと出し惜しみしてもいいと思うのよ。
今までやったことない「下天オンリーイベントが来年夏にあります!」「キャー!」←これは普通だと思うの。いいと思うの。
でも総合的なイベントが2ヶ月ごとにあったり、一つのゲームのイベントが年に何回も、ってちょっとどうかと。それでいてキャスト全然揃ってなかったりするじゃない。
だったらちゃんとキャストがそろったイベントを1年に1回とか2年に1回とかでもいいからきちんとやってくれた方が嬉しいけどなあ。


そんなわけで結局今年はネオロマイベントにかなり行ったことになった一年となりました。
どうやら来年3月に遙かのオンリーがきまってるようなのでキャストなどが出たら考えようと思います(なんだかんだでやっぱり行っちゃうやつ)


posted by あむか at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431547829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック