2012年02月20日

やっと「雪華録」を見た

あっという間に23時過ぎてたわー。こんばんは。なにもしてません。

昨日はね「薄桜鬼 雪華録」というDVDをどばばばばっと見ました。
買ってずっと見てなかったDVDね。でも日曜にイベントがあるので、もういい加減に見よう、ということで見ました。ちなみに昨日からAT-Xでの放映も始まりました。

薄桜鬼のアニメはテレビで放映のあった1期、「碧血録」という名の2期、そしてOVAの「雪華録」というものがあります。
あ、ややネタバレるので隠します。









1期はゲームだと鳥羽伏見の戦いあたり、2期はそれ以降、で、土方ルート風な方向で進んでいくんですが、
「雪華録」は章ごとに攻略隊士の名がついていて、一応それぞれがフューチャリングされてる風であります。ベースはゲームの「随想録」でのエピソード。

しかし名前の隊士をフューチャリングな割にはそうでもない(笑)
つまりはアニメの土方ルートメインでの他の隊士達の様子、みたいな感じ。
だから発売当時、沖田巻が出た時に総司ルートの随想録が見れると思ってた大勢のファンががっかりしてたのですよ。
てかほんと普通の話なの。なんとも例えようがないんだけど。面白みがないというか(失礼)
ゲームの随想録はだいぶニヤニヤして楽しんだんだけどな(笑)

でもね、私、そんなにキライじゃないよ。
土方ルートを貫いての、その時の斎藤さんとか、左之さんとか、他のキャラがどうすごしてたかという描き方。
よくゲームとかだとそのルートに入っちゃうと「この攻略キャラとの場合」という同じシチュエーションを相手を変えて、みたいな感じで描かれるじゃないですか。
それがちゃんと同じ時間軸でその世界にはキャラはそのキャラ一人しかいない、という。うまく説明できないな。
まあ、とにかく章に名前が入っている割にはその隊士が超かっこよく描かれてるとかそういうわけではないのですよ(笑)
でも一応メインは名前が入ってる人。
斎藤の章なんてギャグ回だったね(笑) 山崎くんのが目立ってたんじゃなかろうか。
へーちゃんの章もお笑い回、というか息抜き回というか。
左之さんは結構重めでしたな。
土方さんは割りとゲームのまま。でも「土方さんの一日」みたいな話。
土方ルートだけど甘くないっていうね(笑)

だからでしょうか。逆に私はきらいじゃなかった。
それとあんまり期待してなかったものね(失礼)
発売されてワクワクして見たりしなかったのもよかったのかも。こうやってあとでまとめて時間が経ってからわーっと見たからよかったのかも。

でもテレビシリーズより絵はきれいだったと思います。
総司編の総司とか、斎藤さんとかテレビの時よりよかった。

でもこれにもオーディオコメンタリーとかほしかったなー。
あと毎回エンディング曲が変わるんですが、左之さん編のが一番短かったような気がします。物語が皆よりちょっと長かった?

とりあえずこれでイベントに備えることはできましたよ!
あとは体調を崩さぬようにするだけだ!


ラベル:薄桜鬼
posted by あむか at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック