2012年01月10日

「FFXIII-2」とりあえず1周終了

ということで、昨晩「FFXIII-2」の1周目を終えました。

ネタバレにならない感想をちょちょいと。

システム関係はほぼ前作13と同じ。
戦闘も前作と同じです。名称がちょっと変わってるくらい。
今回キャラ2人+仲間にしたモンスターの戦闘なので仲間にするモンスターに寄ってラクかそうじゃないか決まってくるかも。
ただモンスターを仲間にするのも育てるのも面倒。私はね。
だってモンスターかわいくないんだもん(笑)
なので私はあえてのニジリバナ(なめくじみたいなやつ)をずっと育ててました。てか今もスタメン。
ヒーラーのモンスター少なくね?私だけかな。
アタッカーとブラスターは結構仲間になるんだけど、私のパーティー内にはヒーラーは今のところケットシーとニジリバナとプリン衛生兵(だっけ?)しかいません。
しかもプリン衛生兵、育てるのに必要なアイテムが多くて育てづらい。

あと主人公二人のアビリティも少なめ。
わりとあっという間にアビリティ全部覚えます。どのクリスタリウムもレベル50までになれば覚え終わっちゃうんじゃないかな。
レベル50でアビリティ覚え終わっちゃうからその後がちょっと手応えないというかクリスタリウムを進めてても面白くない。でも育てないとHPとか攻撃力が上がらないので進めるんだけど。

あとね、今回ヘイストが無いの。あるにはあるんだけど、自分でかけることができない。
なくてもそんなに辛くはないんだけど、後々になってくると「ちょっとほしかったかも」とか思ったり。

でもノエルがいい子でね。
割りと前向き。なんとなくティーダを思い出します。ティーダほど張り切ってないしバカっぽくもないんだけど(笑)
あと着ている服の背中を見ると8のリノアを思い出しますよ。
セラも前向きで、むしろノエルよりも前向き風なんだけど、なぜだろう。セラはあまり好きになれない(笑)
今回着ている服が無駄にセクシー(笑) しま○らで揃うと言われた前作の服のままでもよかったのよ。

1周クリアまで私は約29時間でした。
フラグメントは51/160なのでまだあと2/3以上残ってるね。
そんなに寄り道してないので、このあと2周目でなるべくやれることは全部やろうと思っています。

以下ネタバレしてるのでプレイ中・プレイ予定の方はスルーで。













1周終わっても終わりではありませんでした。
「to be continued」の表示。
周回有りきのエンディングでした。
最近こういうの多いねえ。
このままだとある意味バッドエンド。
歴史を変えたからうんにゃらかんにゃらってのも最近多いよねえ。
なんか遙か3を思い出しちゃった。

しかし結構ボス戦がきつかったです。
ラストステージはザコも強いし。
ラスボスとは1時間戦ってましたよ。その前に何度か破れて3〜4回リトライしましたわ。
たぶん前作よりキツめな気がする。

モンスターを仲間にして戦えるってのを結構全面に押してた気がするんですが、あんまりメリットを感じなかったり。
かわいくないしさー(笑) デコってもかわいくないのはかわいくないんだよ。
だったらゲスト的にもっと過去キャラと一緒に戦いたかったなあ。
スノウしか一緒に戦わなかったよね。しかもあの人勝手に戦ってるし。

でも前作で「一本道」と言われたのが悔しかったのか、一本道ではなくなってて(笑)、なんとか楽しく面白くというのは伝わってきます。
映像ももちろん綺麗だしね。
私は楽しんでますよ。ええ。
てか前作も嫌いじゃない。楽しんだもの。
依頼も前作は石碑を読むだけで味気なかったけど、今回はちゃんと人がしゃべって依頼してくれるし。

ただ時折入るパズル的なやつ、ああいうのは好きじゃない。
なんか最近のゲームってパズル的要素がはいるがブームなのですか?
いらないよなあ、って。作り手側の遊び心なのかもしれないけど。

あとね、アリサがどうも好きになれません。
ラストステージに入る前になんか意味深な感じだったですけども、あれはこのあと明らかになるのでしょうか。それとも私の思い過ごしなのでしょうか。

とりあえず、新年1発目クリアはFFXIII-2でした。完全クリアまではまだまだだけどね!


タグ:FF
posted by あむか at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クリアした感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245437340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック