2006年09月13日

「神業」感想

途中まで進めて、「あー、もう今日はやるのやめよ」と思った時に、「じゃあ続きを俺が」と言う弟に後を任せ、私は見てたり自分の用事をしてたりして、弟が苦戦してるボス戦のみ交代でプレイ、というスタイルでのクリアでしたが(笑)、一応一周してエンディングを見たので「クリアした感想」のくくりにしちゃいます(ズルい)

今年クリア何作目?9か10本目くらい?


ストーリーに関してネタバレは極力避けようと思いますが、一応隠しておきます。
思いつくままに書いてるのでまとまってませんが、感想です。
とにかく最初は難しくて難しくて。
ボタンいっぱい使うなあ!とか思ってました。よく考えるとこういったアクションゲームってコレくらい使うか、と思ったり。

昔、義賊団にいた主人公が足を洗って10年後、病弱な娘の薬代のために再び盗みを始める、といったストーリー。

薬代が高いのです。
ネタと呼ばれるミッションで盗めるアイテムはわりと高額で換金できるのですが、普通の物を盗んで換金してるだけではなかなか時間がかかります。
薬をあげなければ娘の病状は悪化していくので、その辺も気をつけていないといけません。

最初は慣れないから盗むの大変だし、しかも小心者だし(笑)全然お金が貯まらなかったんですが、やっていくうちに操作に慣れ、ネタも割りとすんなりこなせるようになりましたよ。

ゲームのコンセプトとか演出は面白い、というかアクワイアな感じで(笑)いいと思うんですが、なにせカメラワークが悪いのとロードが頻繁(しかも長め)にあるのがちょっとねー、でした。
カメラワークはだいぶなれましたけどね。カメラワークの悪さはいつもですけどね(笑)
場所の切り替えのたびに長いロードがあり(一応、飽きさせないように工夫はしてある)、それがやはりテンポを悪くしてるなあと。
「忍道」も長いロードがありましたが、あれはミッション中はロードなかったですからね。他の場所にいかないというのもあったからだけど。

処理落ち音飛び(これは私の気のせいかも)とか、あと結構主人公がハマって出られなくなる→リセット、という悲しいことが多々あるようです。


もうちょっとだなー、という作品だと思いました。
いまいち「おもしろいー!続きがやりたいわー!」とはならなかったなあ。
私は前にも書きましたが「忍道」の方が楽しめました。単純に自分が忍者好きってのもあるかもしれないけど(笑)
全部盗めるかっていうと意外とそうでもなく。このタンスは盗めるのにあのタンスは盗めないとか(笑)
いろんな意味で中途半端かなー。

そんなわけで気が向いたら2周目でも始めようと思います(とか言ってるとあんまりやらないのよねー)
エンディングは4種類だそうですよ。
全部見たいことは見たいんだけどねえ・・・・


posted by あむか at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クリアした感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。